子どもの嘔吐は慎重な水分補給が鉄則!ポイントは量と時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



重湯。 #breakfast

乳児期の子どもが吐くことは珍しいことではありません。

吐いている原因が病気なのか、そうではないのかを見極め対処することが大切になります。

今回は嘔吐がある時の水分の与え方と、嘔吐が治まった後の食事について紹介します。

・嘔吐している時の水分の与え方

子どもは鼻水が喉を刺激して吐いたり、咳と一緒に吐いたり、熱が高くなる前に嘔吐したりします。

突然嘔吐が始まる時は、ウイルス性胃腸炎のことが多いですね。

嘔吐し慌てて水分を与えると、嘔吐を誘発することになりますから、嘔吐後30分程度し顔色が落ち着いたらスプーンやスポイトで経口補水液や乳児用イオン飲料を1回10mlから20mlを与えましょう。

その後も30分毎にゆっくり、繰り返し与えます。

ウイルス性胃腸炎の場合嘔吐は半日、長くて1日で治まります。

その間に3回以上の排尿があれば、脱水は予防できたと考えて良いです。

・嘔吐が治まった後の食事

嘔吐が治まったら、薄い塩味の重湯から始めて、米がゆ、野菜の裏ごし、豆腐や白身魚や鶏卵など、良質なたんぱく質を含む食事を与えていくと良いですね。

喉を刺激してしまう、酸っぱい食材や粉っぽい食材などのむせやすい食事は控えた方が安心です。

重湯。 #breakfast / is_kyoto_jp

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。