突発性発疹はお風呂でうつる?症状がある時の入浴法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Caden 1st Month 066

突発性発疹という赤ちゃん特有の病気があります。

生後6ヶ月から1歳の間に約90%の赤ちゃんが経験する病気で、始めての病気が突発性発疹であることが多いですね。

ママにとっても我が子の始めての病気のケアで戸惑うかもしれませんが、症状を知っていれば落ち着いて対処できますよ。

今回は突発性発疹がどんな病気なのかを紹介します。

・突発性発疹の症状

生後6ヶ月を過ぎるとママからもらっていた免疫力の効果が下がるため、病気にかかりやすくなります。

その頃に突然38℃から39℃の高熱が出て、3日から4日続きます。

高熱の割に赤ちゃんは意外と元気で機嫌がよく、ママも拍子抜けするかもしれません。

おっぱいを飲む量や、遊んでいる様子などいつもとほとんど変わりないかもしれませんね。

ただし高熱が出ている場合は、下痢をともなうことが多いです。

熱が下がりその日か翌日におなかを中心に赤い発疹が現れると、突発性発疹という病気を発症していた、ということになります。

かゆみはなく3日から4日で消えますが、熱が下ってからの方が発疹の不快感で赤ちゃんの機嫌が悪いことが多いですね。

下痢は発疹が消える頃に治まってくると思います。

発疹が出て始めて突発性発疹と診断されますので、最初の発熱だけでは風邪と区別がつきにくいのが特徴です。

・突発性発疹が出る部位

突発性発疹はお腹を中心に広がっていきますが、顔にも出ることがあります。

一般的に発疹は、体内に侵入したウイルスや細菌などに対する免疫反応や、特定の刺激に対する防御反応として皮膚の表面に現れる変化の総称です。

赤い発疹は、皮膚の表面に近い毛細血管が拡張して血流が増えるために赤く見えている症状です。

私たちの体は毛細血管に覆われているため、全身どこにでも赤い湿疹が現れることがあります。

特に顔や胸、背中、お腹は刺激を受けやすく発疹が現れやすい部位なので、顔まで広がることがあります。

しかし突発性発疹は、お腹のようにたくさんの湿疹が手や足にまで及ぶことは少ないです。

・突発性発疹はうつるのか

1度突発性発疹を発症すると2回感染するケースは少ない病気で、感染力は弱いのですが発熱中は感染力があります。

発熱中は保育園に行くことはないでしょうし、きょうだいも1度経験しているはずですからうつることはないと言って良いと思います。

うつる可能性があるとしたら、双子の赤ちゃんのどちらか一方が感染すると、もう一方の赤ちゃんには感染すると思います。

発疹が出ても感染力が弱いので保育園に連れて行くことはできますが、各保育園で登園許可がおりなかったり、医師に数日休むように言われた場合は休まなければなりません。

高熱が出たあとで体力が落ちて機嫌が悪いので、数日の間は自宅で安静にした方が赤ちゃんの体力も回復すると思います。

・突発性発疹はお風呂に入れるの?

発熱中だったり、赤ちゃんが痛がってお風呂を嫌がる時は控えた方が安心ですね。

ただでさえ初めての高熱で体力を消耗していますし、お風呂は意外に体力を消耗します。

汗をたくさんかいているので、温かいタオルで体を拭いたりこまめに着替えさせてあげましょう。

もし下痢などによっておむつかぶれを起こしている場合は、お尻だけシャワーできれいにし体が冷えないように水気を素早く拭き取ってあげてくださいね。

熱が下がればお風呂に入ることができます。

水痘などの発疹は感染力が強いためお風呂に入るとうつってしまう可能性がありますが、突発性発疹は感染力が弱いためお風呂でうつることはありません。

赤みは増しますが、元々かゆみがない発疹なのでかゆみが増すことはありませんよ。

また、あかちゃんの機嫌が悪い時はお風呂を避けた方が良いですね。

基本的に風邪の症状が伴わないのが突発性発疹ですが、咳や鼻水が出ていたとしてもお風呂に入ることは可能です。

しかし機嫌が悪い時に、無理して入れる必要はありません。

その他の病気が隠れいてる可能性があるので、何日も続くようであれば病院を受診しましょう。

・突発性発疹が出たら病院へ行くべき?

高熱が出た段階で病院を受診すると思いますし、その際に医師から「この発熱は突発性発疹かもしれない」と言われるかもしれません。

発疹が出ても特別な薬やケアはありませんので、再度病院へは行かず自然治癒を待って良いと思いますし、医師からも様子を見るように言われると思います。

ただし、高熱が出て痙攣を起こす可能性があります。

初めての高熱なので、痙攣を起こしやすい赤ちゃんかどうかはわかりませんよね。

発熱中はできるだけ目を離さず、変わった様子があったら注意が必要です。

もし痙攣が起きたら、衣服を緩めて横向きに寝かせ、痙攣の継続時間や感覚を計りましょう。

そして痙攣が落ち着いてから病院へ行くか、痙攣が5分以上治まらないようなら救急車を呼びましょうね。

・機嫌よく過ごせる病気

突発性発疹を発症しても機嫌が悪くなることはほとんどありませんし、発疹も自然治癒する病気です。

多くの赤ちゃんが感染する病気ですので、熱が出た時のケア、下痢のケアをしっかりしてあげれば慌てる必要はありませんよ。

発熱中や発疹が治まると、体力を失っているため体が思うように動かず機嫌が悪くなることがありますが、体力が回復すれば元に戻ります。

ママにとっても初めての看病だと思いますが、落ち着いてケアしてくださいね。

Caden 1st Month 066 / mrplough

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。