赤ちゃんが黄疸を発症するのは普通?どんな症状が出るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Rowan Under Billy Lights

赤ちゃんは生まれた直後は大きな産声をあげて、顔を真っ赤にして泣いていますね。

それからしばらくすると、体が黄色みがかった色になり黄疸を発症します。

黄疸は多くの赤ちゃんに見られる症状で、生理的黄疸であることが多いのですが、中には治療が必要な黄疸を発症していることがあります。

黄疸を見分けるには他の症状もいくつかあり、検査をして血液中の黄疸の値を調べて治療が必要かどうかを判断します。

今回は肌が黄色になる以外の黄疸の症状を紹介します。

・生理的黄疸が起こる原因

黄疸は誕生した赤ちゃんのうち、約9割に見られる生理的な現象です。

赤ちゃんはママのお腹にいる時、胎盤を通して酸素を受け取り体内へ供給しています。

しかしこの方法では酸素を効率よく取り込めないため、血液中の赤血球を多くすることで酸素を補っているのです。

ママのお腹から生まれてくる時は血液中の赤血球が多い状態のまま生まれてきますが、生まれてからは肺呼吸ができるようになるのでたくさんの赤血球は必要なくなるので分解が始まります。

その分解が起こる時、ビリルビンという黄色い色素が一時的に増加するのです。

ビリルビンはおしっこやうんちと一緒に排出されますが、生まれたばかりの赤ちゃんは肝機能がまだ未熟で大量のビリルビンを処理しきれず、生理現象として多くの赤ちゃんが黄疸を発症するのです。

ビリルビンが体内にたくさん蓄積され、基準値を超えてしまうと治療が必要になります。

・黄疸の症状

ビリルビンが黄色い色素なので、肌が黄色くなるのが1番わかりやい症状ですね。

その他に、赤ちゃんの目は通常透き通るような白色で、やや青みがかっていますが、黄疸を発症すると白目がくすんで黄色みがかって見えます。

また、ビリルビンがうまくうんちと一緒に排泄されないことでうんちの色素がなくなり白っぽいうんちが出ることがあります。

黄疸は通常、生後2日目から3日目に肌や白目が黄色くなり、1週間から2週間かけて消えていくので心配いりません。

ただし入院中は毎日ビリルビンの数値を計測して基準値に収まっているかを確認しますが、退院後はママが判断しなければなりません。

1度治まったはずの黄疸が再発したり、白目が黄色かったり、うんちが白っぽくなった時は受診した方が良いですね。

母乳だけで赤ちゃんを育てている場合、母乳には肝臓の機能を弱める女性ホルモンが含まれているので黄疸が2週間から1ヶ月程続くことがありますが、しっかりおっぱいを飲めている証拠なので心配いりません。

1ヶ月経っても消えない時は1度受診しましょう。

Rowan Under Billy Lights / Shoes on Wires

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。