赤ちゃんが泣くと飛び出す!脱腸の手術費用や内容は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



colby reclining

生まれつき脱腸の症状を持って生まれてくる赤ちゃんは、約5%ほどいると言われています。

脱腸と聞くと大きな病気を想像してしまうかもしれませんが、自然治癒したり手術で治療できるものです。

脱腸には2種類あり、臍ヘルニアと鼠径ヘルニアがあります。

今回は2つの脱腸と手術費用について紹介します。

・臍ヘルニアの原因

臍ヘルニアとは、いわゆる「でべそ」のことです。

赤ちゃんが大泣きした時、おへそがプクッと膨れてきたら臍ヘルニアと考えて良いと思います。

赤ちゃんはお腹の筋肉が未熟で、おへその小さな隙間から腸が皮下に飛び出してくるので、脱腸と呼びます。

触ると柔らかくて、押すと音を立てて引っ込みますが、赤ちゃんに傷みはありません。

ハイハイやつかまり立ちをするようになるとお腹の筋肉が鍛えられるので、段々と腸が出てこなくなり1歳頃までに80%から90%が自然治癒します。

もし脱腸が長く続いて皮膚が伸びてしまったり、脱腸が治らない場合は外科的な治療が必要になるかもしれません。

・鼠径ヘルニア原因

鼠径ヘルニアとは、小腸や大腸、卵巣の一部が飛び出して、足の付け根にぽっこりと膨らみができます。

本来であれは、胎児の時に足の付根とお腹が繋がった通り道が閉まって生まれてくるのですが、隙間が開いたまま生まれてくることで、その部分に脱腸が起こります。

男の子の場合は片方の睾丸が大きくなり、女の子は卵巣や卵管の一部が出てくることもあります。

泣いた時や排便でいきんだ時など腹圧がかかると脱腸が起きますが、傷みはなく押すと戻ります。

6ヶ月までに自然治癒することもありますが、臍ヘルニアに比べて自然治癒は期待できませんので1歳になるまでに治らなければ手術で治療をします。

・手術の方法や費用は?

鼠径ヘルニアの手術は開腹手術か、腹腔鏡という器具を使い糸で隙間を閉じる手術を行います。

簡単な手術ですが、全身麻酔を使うのでしっかりと手術内容の説明を受けて納得してから受けるようにしましょう。

手術時間は10分から30分で、長くても1時間程度で終わることが多いですね。

手術の前日から絶食することになるので2泊3日の入院が多いですが、日帰りの場合や4日程度入院することもあります。

手術費用は保険が適用されて5万円前後です。

ただし、乳幼児医療費助成制度も適用されるので基本的には自己負担がなく手術を受けることができます。

自治体によって助成金額が異なるので、確認しておくと安心ですね。

開腹手術をしても傷跡は2cmから3cmで抜糸もありませんし、大きくなると傷跡は消えるので心配いりません。

ママが初めて脱腸を見ると驚いてしまうかもしれませんが、赤ちゃんは至って元気です。

穴の大きさによって手術時期や治療方針が異なりますので、脱腸を見つけた時は1度小児科の医師に相談してみましょうね。

colby reclining / Muffet

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。