子どもが頻尿になる原因は?病気それともストレス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



006

気付いたら子どもが何度もトイレに行っていることはありませんか。

大人が年齢を重ねると頻尿になることはよく聞きますが、子どもでも頻尿になることがあります。

しかしその原因は大人と子どもでは違います。

今回は子どもの頻尿について紹介します。

・子どもが頻尿になる原因

1.過活動膀胱

膀胱におしっこを溜められない病気を過活動膀胱と言います。

おむつが外れたとしても、おしっこが近かったり漏らしてしまうことが続いたら過活動膀胱の可能性がありますね。

もし漏らしてしまっても怒らずに受け止めて、何もなかったかのように片付けてあげてください。

年齢とともに自然と治っていくこともありますが、気になるようであれば薬の治療ができます。

1度泌尿器科を受診してみると良いと思います。

2.感染症

細菌が膀胱に入ってしまい炎症を起こして頻尿になります。

おしっこをする時に痛みがあり、おしっこが濁っているようであれば膀胱炎の可能性が高いです。

菌がもっと奥まで入ってしまうと腎盂炎という危険な病気になってしまうこともあります。

おしっこをする時に痛がって泣いたり、熱を伴う時は感染症を疑うと良いと思います。

抗生物質を飲むことで治ります。

3.心因性

大人でもプレッシャーを感じるとおしっこが近くなるように、子どももストレスを感じることで頻尿になってしまいます。

何かに夢中になっている時、夜中はおしっこの間隔が空くのが特徴です。

運動会や発表会が近づいたり、入園や入学を機に緊張やストレスで頻尿になりやすいため、「おしっこに行きたい」という子どもの気持ちを尊重し温かく見守ってあげましょう。

・頻尿になった時のママの対応

原因が何であれ、頻尿になったことをママが気にしすぎたり、おしっこを制止すると子どもには余計なストレスがかかってしまいます。

反対に「おしっこ行かなくて大丈夫?」と声をかけすぎるのも良くありません。

ある程度の年齢になると子ども自身も頻尿になっていることに気付いていることが多いです。

複雑な気持ちを受け止め、ママの愛情で心を満たしてあげてくださいね。

006 / Michael Bentley

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。