赤ちゃんの水分補給と食事内容を見直そう!便秘の解消法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



お口の周りが。。。

乳児の便秘は、何日でなければ便秘であるという決まりがありません。

排便時に痛みがあって泣いたり、いきんでも出ないなどの症状があれば便秘が疑われます。

便秘には器質的便秘と機能的便秘の2種類に分けられます。

器質的便秘は、胃や小腸、大腸、肛門などに疾患があり、それが原因で便秘になっている状態のことで、医師による治療が必要です。

今回は機能的便秘の時の水分補給について紹介します。

・機能的便秘の対処法

機能的便秘とは食物摂取の不足、腹圧不足、不規則な生活習慣による排便時反射の消失、心因性などが原因です。

乳児期の子どもの便秘を解消するには、水分補給と食事内容が非常に重要です。

授乳中の子どもが便秘になっている場合は、水分不足ではなく乳汁不足や腹圧不足なので、母乳やミルクをしっかり飲ませ、お腹をマッサージして腹圧をかけ、便秘解消をしていきましょう。

その上で、便を軟らかくするマルツエキスや砂糖水を与えるのも効果的です。

離乳期の場合は、大腸での水分吸収が増加し便が硬くなることがあるので、白湯や麦茶、果汁などで水分補給を行うようにしましょう。

・便秘の時の食事内容

食事は腸内細菌叢のバランス改善を心がける必要があります。

ヨーグルトや納豆、オリゴ糖を含む甘味料やバナナ、玉ねぎ、食物繊維を多く含むオートミールや全粒パン、胚芽米、豆、芋、野菜、きのこなどの摂取がおすすめです。

食物繊維は腸を直接刺激し、蠕動運動を促す働きがあるので、積極的に与えると良いですね。

お口の周りが。。。 / sawamur

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。