おたふく風邪の症状とは?予防接種で合併症を防ごう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



My world is broken

おたふく風邪は耳の下が痛み、熱が出るというイメージがあると思います。

子どもがかかると比較的軽く済むことが多いのですが、大人は重症化しやすいという特徴があります。

おたふく風邪は予防接種で防ぐことが可能な感染症です。

今回はおたふく風邪の症状や予防接種について紹介します。

・おたふく風邪の症状

おたふく風邪は流行性耳下腺炎といい、ムンプスウイルスというウイルス感染により起こる病気です。

耳の前側下にある唾液腺(耳下腺)が腫れることで、顔が「お多福」と呼ばれる顔が丸く頬が腫れる顔に似てしまうことから名付けられました。

おたふく風邪の症状は、感染した子ども全てに現れるわけではなく、約3割ほどは症状が現れれないままおたふく風邪にかかると言われています。

潜伏期間は2週間から3週間で、感染力が最も強いのは発症より1、2日前から発症後5日です。

潜伏期間に唾液などを介して飛沫感染し、感染力が非常に強いウイルスです。

おたふく風邪の初期症状としては、悪寒、筋肉痛、軽い発熱、頭痛、食欲の低下、全身のだるさなど風邪とよく似た症状が現れます。

症状が進行すると、耳の下や顎の下が腫れてきます。

この腫れは触っても何かあるというわけではなく、顔の下が部分が腫れ、触ると痛いという感じです。

腫れは片方、または両方に出ます。

耳の下や顎の下が腫れることによって、口の中や喉の痛みを伴い、ひどい腫れの場合には口を開けるのも痛みを感じます。

食欲不振になり、水分を飲むのも痛むでしょう。

症状が軽いと発熱もなく腫れないので自然に治ってしまう子どもが3割いますが、症状が重いと38℃を超える発熱を出したり、腹痛も伴います。

発熱は耳下腺が腫れる約1日前から始まり1日から3日程続きます。

おたふく風邪の症状は1週間ほどで治りますが、水分を摂るのも苦痛になるため脱水には気を付けてあげましょうね。

・おたふく風邪の合併症

大人がおたふく風邪に感染すると重症化しやすいのですが子どもは比較的軽症のため、それほど深刻になる必要はありません。

しかし、おたふく風邪は他の感染症に比べて引き起こす可能性がある合併症があります。

髄膜炎や脳炎、難聴、膵炎など重篤な病気を合併する恐れがあるので、おたふく風邪に感染した場合は、まず受診して経過を観察することが大切です。

様子がおかしい時には、すぐに再受診しましょう。

・おたふく風邪の予防接種

おたふく風邪にも予防接種が存在します。

今は任意接種ですが、いずれ定期接種にすると厚生労働省が発表しています。

現在は任意接種ですので、予防接種スケジュールに組み込んで受けておくと安心です。

1歳からの接種が可能で、1回目の接種から2年から6年後に2回目を受けるとしっかりと免疫をつけることができます。

1歳になったらMRワクチンの次、あるいはMRワクチンと同時に接種すると良いですね。

最近では、1歳すぐに接種すると無菌性髄膜炎が起こりにくいことがわかってきたので、軽症で済むおたふく風邪とはいえ、合併症を防ぐためにできるだけ早く受けたほうが良さそうです。

接種して2週間から3週間後に熱が出たり、耳下腺が腫れる副反応を起こすことがありますが自然に治るので心配ありません。

任意接種ですので受けるべきか迷われるかもしれませんが、任意接種だからといって受けなくても大丈夫というわけではありません。

日本は世界に比べると予防接種の政策に関して、大きな遅れを取っています。

1日でも早い完全無料の定期接種化が望まれますが、それまでは自費で病気を守ってあげなければなりません。

病院によって料金が違いますが、3,000円から9,000円くらいが相場です。

値段によって効き目が違うということはないので、予防接種を受けておたふく風邪にかからないようにしてあげたいですね。

My world is broken / Simon Blackley

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。