手足口病の症状と予防法!何度も感染するのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



seth&ian-2

子どもの病気の1つである手足口病は、その名の通り手のひらや足の裏、口の中の粘膜などに発疹や水疱が現れるウイルス感染です。

夏に流行しやすく、5歳位までの乳幼児によく感染します。

大人が感染する病気でもあるので、原因や予防を知り感染しないように気をつけたいですね。

今回は手足口病について紹介します。

・手足口病は何度も感染する?

手足口病のウイルスは高温や湿気に強いことから、4月から9月に流行りピークは夏です。

夏の終わりに流行が治まるので夏風邪と勘違いされやすいですが、よく見ると手のひらや足の裏、口の中に発疹や水疱ができています。

手足口病に感染した人の体内から出る分泌物によって感染しますが、感染力が強いことから飛沫感染でも拡散しやすい病気です。

ウイルス性の病気は1度かかると免疫ができるため何度もかかることはほとんどないのですが、手足口病のウイルスは現在わかっているだけでも10種類以上のウイルスがあるため、感染源が異なれば何度もかかってしまうのが特徴です。

発疹の他に発熱があり、中には肘やひざ、おしりなどに広がることもあります。

熱は38℃以上出ることはほとんどなく、3日程度で症状が治まります。

・感染しやすい年齢は?

ウイルスの種類が違えば何度も感染する手足口病は、大人も感染することがありますが子どもが感染しやすい病気です。

特に2歳以下の乳児や4歳以下の幼児が感染しやすいといわれています。

国立感染症研究所による調査では、毎年手足口病の羅患者は5歳以下が9割を占めています。

小学生の子どもや大人も感染し発病することもありますが、感染しても発病しない不顕性感染というケースが多いようです。

・手足口病の症状

症状としては38℃以下の発熱があり、喉の痛みがあるのが初期症状です。

発熱が2日ほど続いたあと発疹が口の中や手のひら、肘、足の裏、膝、お尻などに現れます。

発疹は水疱を伴い2㎜から5㎜の小さなブツブツで、5日から7日で消失することがほとんどです。

水疱がありますが、かさぶたが残らないのが特徴です。

小児の場合は手足にできた発疹はかゆみがないか、少しのかゆみで済むようです。

口の中の発疹は痛みが強く、食事や水分摂取に影響が出るかもしれません。

大人が感染すると痒みが強いので、かゆみ止めが処方されます。

手足口病のウイルスは腸内で増殖するといわれています。

そのため下痢が起こることがありますが、症状は軽く済むでしょう。

もし嘔吐や頭痛を伴い長く続く場合、髄膜炎や心臓炎などの合併症を引き起こしてしまうことがあります。

このような症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

・水分補給をこまめにしよう

手足口病の特効薬はなく、熱を下げたりのどの痛みを抑える薬を飲み安静にするしかありません。

口の中に発疹があることで赤ちゃんはミルクを飲まなくなることがあります。

イオン飲料水などで水分を十分に摂り、部屋は涼しくして休ませてあげましょう。

プリンやゼリー、アイス、おかゆ、豆腐など、柔らかくてのどごしが良いものを食べさせ、口の中がしみる柑橘類や塩分、熱いものは避けた方が良いですね。

水分が摂れない状態であれば点滴をしてもらいましょう。

・予防方法

90%が5歳以下の乳幼児にみられる病気ですが、ウイルスが10種類以上あることから大人でも感染することがあります。

大人が感染すると子どもの症状より重症化することが多く、熱は40℃近く出て、指先まで発疹やかゆみがあり、1ヶ月から2ヶ月後に爪が剥がれてしまうこともあります。

手、足、口の水疱をはじめ、頭痛や筋肉痛、悪寒といった症状も現れ、子どもとは比較にならにほど重症化するので、おむつ替えの時などはマスクや手袋をはいて予防すると良いですね。

集団生活をしていると子ども同士の集団感染も十分あり得るので、手洗いをこまめにすることや、タオルを共有しない、咳や鼻水が出る時はマスクを付けることです。

しかし、赤ちゃんは菌が付いたテーブルを舐めたりおもちゃを口に入れてしまうため、集団感染する可能性が高くなります。

潜伏期間は3日から5日ありますが、感染力が強いので潜伏期間中も感染してしまいます。

症状が治まっても1週間から2週間は感染力がありますし、便からは2週間から4週間ウイルスが排泄されるので、しばらくはしっかりと予防するようにしましょうね。

seth&ian-2 / alaina.buzas

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。