秒速で正確に計れる!わき式の体温計がオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



38.0 °C - digital display of human body temperature

出産準備品の1つに体温計があります。

赤ちゃんは熱を計ることが多いため、短時間で計れて正確な測定ができる体温計を準備したいですね。

赤ちゃんの体温計の購入を考えた時、脇や耳、おでこで計るタイプがありどれを選ぶべきか迷いますね。

今回は赤ちゃんの体温計について紹介します。

・体温計を嫌がる

生まれたばかりの頃は自分で動けないため体温を計るのは簡単ですし、少し大きくなっていても膝に乗せて抱っこしてあげるように計ると意外と難しくありません。

中には体温計が大っ嫌いの赤ちゃんもいますので、楽に計れる体温計を選んでおく方が良いと思います。

・体温計の種類

体温計には脇式、耳式、おでこ式があります。

耳式体温計・おでこ式体温計

耳式やおでこ式は1秒から2秒で計ることから、体温計を嫌がる赤ちゃんでも素早く計ることができます。

しかし耳式は正しい向きで体温計を耳に入れなくてはならず、耳カバーを定期的に交換しないと正確な測定ができません。

場合によっては±1℃の誤差があるようです。

そのため最近ではおでこで計るタイプがオススメのようです。

保育園に通い毎朝体温を計らなければならないママにとっては便利ですね。

脇式体温計

脇式体温計には、予測式と実測式があります。

実測体温計 体温計に伝わっていく熱を忠実に表示する検温器です。 ※正しく測るための検温時間は口中で5分以上、 脇で10分以上必要とJISで規定されています。 予測体温計 検温開始からの温度と温度変化を、分析・演算し約10分後の体温を予測し 表示する検温器です。 予測体温計は、実測検温も可能です。オムロン公式HPより

実測式の体温計は正確さがあるものの、長い体温計で10分程度かかってしまうものもあるので赤ちゃんをじっとさせておくのは難しいですよね。

予測式は平衡温を測定しますがかなり精度が高く、秒速で計ることができるのでオススメです。

・毎日使う体温計

新生児の頃は沐浴の後に体温を毎日計ったり、健診や予防接種で計ることが多いですね。

健診や予防接種で使う体温計は脇式の物が多いように感じますから、慣れさせておくにも脇式を用意すると良いかもしれませんね。

自宅に脇式の予測式体温計がある場合は、出産準備品として用意しなくても大丈夫ですよ。

38.0 °C – digital display of human body temperature / quapan

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。