激安の西松屋のおしりふき!フタを使って経済的に使い切ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



100円ショップでおしりふきのフタ、ウエットティッシュのフタ

おしりふきは1日に何度も使うものなので、赤ちゃんの肌に優しいものを使ってあげたいですよね。

水に流せるタイプ、厚手タイプ、ノーマルタイプと種類があるので用途に応じて使い分けることができます。

また、消費が激しいおしりふきだからこそ値段も気になるところだと思います。

今回は1枚あたりの値段が安い、西松屋のおもいやりシート赤ちゃんのおしりふきを紹介します。

・用途に応じて使い分けよう

ノーマルタイプ

1枚あたりの単価が安いですが、薄手のため1度に何枚も使う場合があります。

おしっこの時はノーマルタイプでも十分です。

厚手タイプ

厚手で水分量がノーマルタイプの2倍のおしりふきが多いです。

1枚でも洗ったように汚れをしっかり落とすことができます。

水に流せるタイプ

水に溶けるおしりふきは、トイレに流せるので外出先やゴミを減らしたい時に便利です。

ただし水に溶ける分、薄手で使いにくいおしりふきもあります。

・西松屋のおもいやりシート赤ちゃんのおしりふき

西松屋のおもいやりシート赤ちゃんのおしりふきは、少し薄手ですが1枚あたりの1.2円と安いですね。

ネット販売では10個パックで販売されているので、これだと0.87円になりさらに安く購入できます。

薄さがきになるので何枚も使ってしまうかもしれませんが、うんちとおしっこで使い分けると良いと思います。

また、おしりふきは乾燥しやすくそれを防ぐためにはフタ付きケースが必要でしたが、今はフタだけを購入することができます。

100円ショップでも購入できますし、テクセルジャパンのBitattoという商品もママたちの間では人気があるようです。

フタだけ取り外して何度も使えるので、1つあると便利ですね。

フタを使って乾燥を防ぎ、低価格のおしりふきを最後まで使い切れば経済的ですね。

薄手でも良いから安さにこだわりたいママにはおすすめのおしりふきです。

100円ショップでおしりふきのフタ、ウエットティッシュのフタ / yto

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。