靴下はいらないの?足に隠された大切な機能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



70/365

大人にとっては足を温めたり見た目などを気にするなど無くてはならない靴下ですが、赤ちゃんはお家の中で靴下はいらないということをよく耳にしますよね。

本当に靴下をはかなくて良いのかなという疑問や、冬などの寒い日には足が冷えたりしないかなという不安も少なからずあります。

赤ちゃんに靴下が必要ない理由や赤ちゃんの足の裏の大切な機能、靴下が必要な時について紹介したいと思います。

・赤ちゃんの足の裏の大切な機能とは?

体温を調節する機能がまだ未発達な赤ちゃんですが、実は足の裏や手で体温調節をしているのです。

新陳代謝が活発な赤ちゃんが暑い日に、靴下をはいていないにも関わらず足の裏に汗をかいていることがあります。

これは足の裏から体の熱を放出しているためです。

・冬でも家の中では靴下はいらないの?

室内の温度が適温(22度から24度)に保たれている場合、真冬でも外の気温は関係ありませんから靴下は必要ありません。

室内で靴下をはかせてしまうと、体温を調節できなくなり熱がこもってしまいます。

もしも赤ちゃんの足の裏を触ってみて冷えていたり青みがかって血の気が悪い感じがするなら、部屋の温度が低いと言うことです。

靴下をはかせるのではなく、1枚多く着せたり、空調などを使って適温にしましょう。

部屋に温度計などがあると便利ですね。

赤ちゃんは寝ている時に体温が下がるので靴下をはかせた方が良いのではと思うかもしれませんが、やはり体温調節ができるように靴下ははかない方が良いです。

代わりに毛布やレッグウォーマーなどで冷え対策をすると良いと思います。

・靴下が必要な場面って?

赤ちゃんが靴下をはく必要がある場面は、寒い日に外にお出かけする時や、靴をはいて歩くようになったときに靴擦れを起こさないよう足を保護するために使うのが一般的です。

・まとめ

赤ちゃんが靴をはいて歩くようになるまでは、寒い日にママやパパと外出する時くらいしか赤ちゃんは靴下を使用する機会がありません。

お出かけ用に2足から3足の靴下を用意しておくと良いでしょう。


70/365 / tompagenet

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。