ベビーカーに飽きちゃう!そんな時の便利グッツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Stroller

子どもとベビーカーで買い物や外の散歩に行く時に、なかなかジッとしていられないですよね。

外に出してほしかったり、抱っこしてほしかったり。

しかしいつでも降ろしてあげられるわけじゃありません。

人混みだったり、急いで買い物済ませなければならない時は、

「どうしてじっと座っていてくれないのだろう」「こんなにたくさん人がいる前で騒がないでほしい」

など、ちょっとストレスを感じてしまうものです。

今回はベビーカーを嫌がる子どもにオススメの便利グッツを紹介します。

・子どもの興味

子どもがベビーカーを嫌がる行動をとるのは当たり前です。

興味のあるものが周りにはたくさんあって、見たこともない動物や建物が視界に入れば子どもの興味はそそられます。

自我の発達とともに「あれを見てみたい」「どうして自分だけここに座ってないといけないのか」という気持ちが芽生えてくるんですね。

・ベビーカー用ハンドル

おとなしく座っていてほしい、そんな時には遊び道具をベビーカーにつけてみてはどうでしょう。

ベビーカー用にハンドルのおもちゃがあります。

キャラクターがついている物もたくさんあり、子どもが好きなキャラクターを選んであげれば喜んで遊んでくれるはずです。

1歳未満の時にはどうやって遊べばよいのか理解しておらず、ハンドルを外すという遊び方をするかもしれませんが、1歳を過ぎた頃はハンドルを回すものだと理解し遊べるようになります。

進行方向に合わせてハンドルを回し、「シュー」とか「ぽっぽー」と言いながら、運転手の真似事のような遊び方に変わっていくでしょう。

ママは歩きながら一緒になって話を聞いてあげていると、とても喜んでハンドルで遊ぶのではないでしょうか。

もしおもちゃを使っても飽きてしまった時は、少しだけ降ろしてあげるのも方法ですし、降ろせない状況になってからハンドルを付けてあげれば、たいていの時には最後までハンドルを使って遊んでくれていますよ。

・おもちゃを付けて一工夫

紹介したハンドルおもちゃは使い方を理解するには少し時間がかかるかもしれませんが、ベビーカーに付けられるおもちゃはたくさんあります。

月齢の低い赤ちゃんは音がなるおもちゃに興味を持ちますし、色は原色などはっきりした色を好みます。

赤ちゃんとの出かけは、ちょっとした工夫で大変さを軽減することができますよ。

ベビーカーでのお出かけが少しでも楽になれば、出かける回数も増え赤ちゃんにも良い刺激になりますので、興味をもつベビーカー用のおもちゃを探してみてくださいね。

Stroller / Joe Shlabotnik

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。