バウンサーはいつから使える?長時間使う時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Bouncer

ママの育児を助けてくれるアイテムの1つに、バウンサーがあります。ママの手が離せない時に、動き回る赤ちゃんを寝かせておくことができるのです。眠りを誘う道具でもありますが、ベビーチェアとしての役割も持っているため、「意外と長く使えた」というママの意見も多いですね。

今回はバウンサーがいつから使えるのかや、長時間使う時の注意点をご紹介します。

・バウンサーとは?

バウンサーは、ゆらゆらと揺れるベビーチェアです。赤ちゃんを寝かしつける道具としても使えますが、テーブルを取り付けて食事をしたり、おもちゃを付けて遊ばせておくことも可能です。

ゆらゆらと揺れるのがバウンサーのメリットで、赤ちゃんがママのお腹にた時の安心感を得られることから、眠りに付きやすいと言われています。また、持ち運びができるためキッチンや掃除するお部屋に移動させ、ママの視界の中においておくことができます。

さらに、バウサーは上体を起こした姿勢になるため、授乳後に床に寝かせるより吐き戻しを予防する効果が期待できます。

・バウンサーはいつから使える?

バウンサーはベビーチェアとして使うことができるため、首すわり頃から使うベビーグッツと勘違いされやすいのですが、リクライニング機能が付いているものが多く、その場合は新生児から使用することができます。使用可能な時期はメーカーによって様々ですので、説明書にある「〇〇ヶ月から使用」という部分をしっかりチェックしてみてくださいね。

・バウンサーを使う時の注意点

バウンサーはママの育児を助ける便利グッツとして有名ですが、注意点がいくつかあります。

まず、バウンサーに常に寝かせておくのは止めましょう。なぜなら、バウンサーはあくまでもベビーチェアですので、長時間寝かせて行くことで寝返りができなかったり、自由に体を動かすことができず体の同じ部分に負担がかかり、成長を妨げてしまいます。

また、バウンサーの揺れに慣れてしまうことで、バウンサー以外の抱っこやベットなどでは寝なくてってしまうという弊害もあります。抱っこやベビーベットで過ごす時間も大切にしてあげましょうね。

バウンサーのメーカーによって様々ですが、やはり高さがあるものが多いです。新生児で動きが少ない時期でも、しっかりとベルトを締めてあげましょう。

・さいごに

バウンサーでを購入する上で気にされるママが多いのは、揺さぶられ症候群との関係です。バウンサーは自動でゆらゆらと動くものもあり、これによって赤ちゃんが揺さぶられ症候群になるのではないか、と心配の声もあります。しかし、揺さぶられ症候群というのは赤ちゃんの頭が前後にガクガクと激しく揺れるときです。

バウンサーの揺れは体全体に感じるものですから、揺さぶられ症候群になるとは考えにくいです。使い方さえ間違えなければ、ママの育児を助けてくれる便利グッツですよ。赤ちゃんとの2人の生活を、バウンサーをうまく使って楽しんでくださいね。

Bouncer / Dan Ancona

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。