新生児をチャイルドシートに乗せる注意点!いつまで義務?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



080307_15151

平成12年4月に道路交通法が改正され、チャイルドシートの着用が義務化されましたね。

法律では6歳未満の子どもはチャイルドシートを使用しなければなりません。

ただし、6歳を超えても身長が140㎝以下の場合チャイルドシートなしでシートベルトを使用すると、首の骨や内臓を傷つけてしまうことがあるのでチャイルドシートは継続した方が良いです。

今回はチャイルドシートの種類について紹介します。

・チャイルドシートは固定型?回転型?

固定型

チャイルドシートの固定型は回転型と違い、回転させる機能がない分コンパクトで軽いというメリットがあります。

固定型はシートベルトをチャイルドに通して留め固定するので、赤ちゃんの向きが固定されチャイルドシート側から外に出そうとするとシートベルトが邪魔になります。

降ろす度に反対側のドアへ移動しなければならいない点がデメリットと言えます。

回転型

回転型はチャイルドシートを回転させることができるので、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりする時にやりやすいというメリットがあります。

回転器具がついている分重たいので、別の車に装着することがある場合は不便です。

・チャイルドシートの種類

ベビーシート

体重が10㎏未満の新生児から15ヶ月くらいまで使えます。

車の後部座席に、赤ちゃんが後ろ向きになるように設置するのが主流です。

チャイルドシート

体重が10㎏以上かつ身長が100㎝以下の幼児を乗せます。

約9ヶ月から4歳くらいまで使用することができ、取り付けは前向きになります。

ジュニアシート

4歳から11歳くらいまで使用するシートです。

車に取り付けられているシートベルトを使用し、座高が足りない時の補助器具的扱いになります。

シートベルトは身長が140㎝以上の体型を対象に作られたものです。

後部座席のシートベルトが義務化されたことにより、シートベルトが首に引っかかったりしないようにするためなので、身長が140㎝を超えるまでは必要です。

乳幼児兼用チャイルドシート

乳児期から幼児期まで使用できるチャイルドシートです。

1歳位までは後ろ向きまたは横向きに取り付け、1歳過ぎてからは前向きに取り付けられるようになっています。

サイズは大きくなりますが、新生児期からジュニア兼用のチャイルドシートを購入し1台で済ませる家庭が多いのでこのタイプが人気です。

6歳になるまでチャイルドシートを使用しなければならないことを考えると、新生児期から4歳頃まで使える新生児兼用チャイルドシートを購入し、その後6000円前後でジュニアシートを購入する方法も良いかもしれませんね。

・新生児もチャイルドシートを利用するべき?

新生児の赤ちゃんは体がフニャフニャしていて、チャイルドシートで締め付けてしまうことを心配するかもしれませんね。

抱っこで乗った方が安全だと思うかもしれませんが、首もすわらず、骨がやわらかい新生児の赤ちゃんは車の振動や万が一事故が起きた時に耐えられるだけの体ではありません。

チャイルドシートは、事故が起きた時の衝撃から赤ちゃんを守る設計になっています。

車での移動をする時は必ずチャイルドシートに乗せてあげましょう。

チャイルドシートを選ぶ時は対象年齢を確認し、新生児から使用できるものを選んでくださいね。

また、新生児の赤ちゃんをチャイルドシートに乗せる時は腰ベルトや肩ベルトを調節して、体にしっかりフィットするように装着し体を固定しましょう。

リクライニングできるようになっているので、リクライニングを斜め45°にすると呼吸が苦しくならず快適で安全性が保てます。

チャイルドシートによって新生児にあったリクライニングを設定できるので、説明書等で確認しましょうね。

・新生児との移動で注意すること

新生児の赤ちゃんを連れた長距離移動はできれば避けたいですが、もし長距離移動しなければならない時は、こまめに休憩をとりましょう。

おむつ替えや水分補給などができるスポットを調べ、休憩をしながら目的地に向かうと良いですね。

車内は冷え過ぎたり暑すぎたりするので、体温調節のアイテムやサンシェードなどがあると快適に過ごせます。

また、吐き戻すことがあるかもしれませんので、ガーゼを常備し着替えを多めに持っていきましょう。

泣いた時にかける音楽、チャイルドシートからぶら下げるおもちゃなどがあると良いでしょう。

事前の準備や下調べが重要ですが、しっかり準備ができれば難しいことではありません。

長時間運転はママも疲れてしまいますので、赤ちゃんの体の負担を気にかけながら安全運転で出かけましょうね。

080307_15151 / subewl

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。