朝ごはんと学習意欲の関係!主食だけで大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



ある日の朝ごはん

1日の始まりに欠かすことができないのが朝ごはんですね。

多くのママは毎朝子どもたちに朝ごはんを用意し食べさせてあげていることでしょう。

小学生の約90%は家で朝ごはんを食べているというデータもあります。

今回は朝ごはんを食べた方が良い理由や何を食べさせたらよいかを紹介していきます。

・朝ごはんを食べると何が良い?

一般的には、体や脳のエネルギー源としてご飯やパンなどの主食をしっかり摂ると良いと聞いたことがあると思います。

朝ごはんを食べてこないと、午前中にやる気が出ませんし体温が上がらず心身ともに動かない状態になってしまいます。

朝ごはんを食べた日と食べない日で、およそ1割から2割の能力の差が出ると言われています。

午前中の授業は4時間ありますから1日の大半の授業を最大限の力で受けられないと、大きな差が生まれてしまいます。

学力にも大きな差が出ますが、物事に対する意欲や性格、ストレスの感じ方にも違いが生じてしまうのです。

・何を食べたら良い?

朝ごはんを食べた方が良いということは多くのママが知っていることで、ご飯やパンなどのブドウ糖を中心に食べさせていますよね。

ここ最近は朝ごはんの質が問われるようになってきて、ブドウ糖だけでは脳がスムーズに働かないということがわかってきました。

栄養バランスを考えたものを一緒に食べないと、脳は十分に機能しないそうです。

前日の夜に食べたおかずを1品追加するだけで違いがありますので、主食に加えておかずを用意してあげると良いですね。

パンとお米を比較すると、お米の方が血糖値の上がり方が緩やかでおかずを摂りやすいのでオススメです。

精製された小麦粉で作っているパンは必要な栄養素が取り除かれてしまっているので、血糖値が急上昇して体や脳の発達に良くないとされていますので、どうしてもパンが良い時は全粒粉などのパンを用意すると良いですね。

家族揃って朝ごはんを摂るのは難しいかもしれませんが、子どもの学習意欲を高めるには家族でバランスの良い朝ごはんを摂ることです。

ちなみに、納豆は記憶力を高める「レシチン」が含まれています。

脳の活性化や勉強の持続力、疲労も軽減してくれるのでおすすめです。

忙しい朝ですが、子どものために頑張ってみてくださいね。

ある日の朝ごはん / dreamcat115

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。