相場はいくら?お小遣いをもらうありがたみとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



New Piggy Bank

私達が子どもの頃を思い返すとお小遣いをもらっていた記憶があると思います。

自分が親としてお小遣いをあげる立場になった時、どれくらいあげて良いのかわからないですよね

他の家庭と比べてしまうこともあるかもしれません。

今回はお小遣いの相場について紹介します。

・子どものお小遣いの相場

平成22年に金融広報中央委員会の「子どものくらしとお金に関する調査」によると、小学生の約8割、中学生の約9割がお小遣いをもらっているようです。

小学校低学年は時々お小遣いをもらうようですが、高学年になると約6割が定額的にお小遣いをもらっています。

時々お小遣いをもらう時の相場は、低学年が100円、中学年は300円、高学年は500円となっています。

定額的にもらう場合は、低学年は400円、中学年が500円、高学年は1000円となっています。

月に1度もらう中学生は2000円、高校生は5000円が相場です。

・お小遣いの使い道

お小遣いをもらい始めの頃は、自分のお金で文房具を買ったりお菓子を買うのが楽しいですよね。

年齢が違うとお金の使い方も違ってきますが、子どもたちはお小遣いをどのように使っているのでしょうか。

低学年

  1. おかしやジュース
  2. おもちゃなど
  3. ゲームをする

中学年

  1. ゲームソフトやおもちゃ類
  2. おかしやジュース
  3. 漫画

高学年

  1. ゲームソフトやおもちゃ類
  2. おかしやジュース
  3. 漫画

中学生

  1. おやつなどの飲食物
  2. 友達との外食・軽食代
  3. 友達へのプレゼント

高校生

  1. おやつなどの飲食物
  2. 友達との外食・軽食代
  3. 休日に遊びに行く交通費

・お金をもらうということ

お小遣いは家庭によって考え方が違うので、子どもが大きくなった時のことまで予想しパパとママが話し合って決める必要があります。

友達より少ない、多いということではなく、お金は働いてもらえることや1ヶ月で何が欲しくてどれくらい貯める必要があるのかなど金銭感覚を養うことが大切です。

お手伝いをしたらお小遣いをあげていると、お小遣いがないとお手伝いしなくなるという考えもありますが、お金のありがたみを知るにはとてもよい方法ではないかと思います。

各家庭のルールをしっかり作っていってくださいね。

New Piggy Bank / chippenziedeutch

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。