ママ以外はダメ?人見知りが起きる原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Milan cries

赤ちゃんの頃から始まる人見知り。

泣いてママの側にいたがり、挨拶をしなかったり、隠れて出てこないことでママを悩ませていることがあるかもしれません。

そもそも人見知りはいつから始まり、なぜ起きるのでしょうか。

今回は人見知りについて紹介したいと思います。

・人見知りの原因

ママ以外の人に抱っこされるのを嫌がったりすることで、人見知りが始まったと気付くママもいることでしょう。

人見知りは子どもに限らず、大人にもありますね。

知らいない人や慣れていない人に対して、不安感を抱いたり、緊張感を覚えたりなど人間にとって必要な感情の1つです。

子どもは不安や緊張を和らげるためにママにしがみついたり、泣いて助けを求めています。

人見知りは、成長とともに感情をコントロールできるまでの道のりなのです。

・人見知りする子どもへの対処法

人見知りをする子どもに対して、無理矢理ママと引き離し他の子どもと遊ばせたり、違う人に抱っこさせママがその場を離れてしまうなど、子どもの心に負担がかかることをしてはいけません。

人見知り度合いは個人差がありますが、誰もが通る道で必要不可欠な感情です。

成長とともに、少しずつ自分で人見知りを克服していけるようになります。

それまでは、ママが近くでその気持を受け止めてあげましょう。

「このお姉さんは優しい人だよ」「ママと仲良しなの」などの安心できる言葉をかけ、ママが相手と仲良くしているのを目にしていると少しずつ心を開けるようになります。

人見知りしている成長段階を見守ってあげると良いですね。

Milan cries / Robert Scoble

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。