7歳までに急成長!脳の発達にはバランスの良い食事が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Vitamin Shock

生まれた時の赤ちゃんの脳は大人の25%しかありません。

それが、生後5ヶ月には50%、離乳食完了頃には70%から80%になっています。

3歳頃になると成人と同じくらいに成長し、脳の基本構造はできあがるのです。

つまり、この時期に脳の発達を促す必要があるということです。

・7歳までに脳が急成長

赤ちゃんの脳には150億個もの脳神経細胞、ニューロンがあります。

こんなに数があっても、まだ自分で考えたり判断はできません。

神経細胞同士をつなげる「シナプス」という接合部ができることで初めて、情報が運ばれ思考や判断など高度な知的活動ができるようになるのです。

このシナプスが急速に増加し変動するのが、生まれてから7歳くらいまでの間と言われています。

つまり、7歳までに脳の容量や構造、働きなどが急成長するということなのです。

この時期に大切になるのが、脳に必要な栄養素を供給してあげることです。

・脳にはバランスの良い食事が大切

脳の話をすると難しく感じるかもしれませんが、大人と同じく栄養バランスが良い食事をするだけで良いのです。

脳は水分を除くと、約60%が脂質、40%がたんぱく質でできています。

脳の唯一のエネルギー源は炭水化物です。

そして、これらの栄養素を代謝して利用するには、ビタミンやミネラルが必要になります。

生後5ヶ月から6ヶ月頃までは母乳やミルクで栄養素を補えているのですが、それ以降は米やパン、肉、魚、大豆製品、野菜、果物などが離乳食からバランスよく栄養を摂る必要があります。

そうすることで、健康な脳と体が育っていきます。

誕生から1年で約2倍から3倍に成長する脳のために、栄養バランスが良い食事を与えたいですね。

Vitamin Shock / erix!

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。