発達と興味の対象を見極めよう!月齢に合ったおもちゃ選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Davis Twins First part of August (17 of 25)

赤ちゃんが最初に興味を持つのはママです。

大好きなママと遊ぶことは赤ちゃんの手指や体のいろいろな動きを試す機会になると同時に、心が豊かになります。

成長にともなってママ以外にも興味が出てきて、5感を使いながら回りの世界を学んでいきます。

そこで欠かせないのがおもちゃです。

今回は月齢にあったおもちゃ選びのポイントを紹介します。

・おもちゃ選びのポイント

1.子どもの発達に合ったもの

子どもは日々できることが増え、興味が広がったり移ったりしていきます。

子どもをよく見てその時の発達や興味の対象を知り、子どもが楽しく遊べるおもちゃを与えることが大切です。

2.反応をチェックする

おもちゃを買う前に、まず日用品で遊ぶ姿を観察してみましょう。

テッシュを出す、ボタンを押す、ママが積んだものを崩すなど、危険がない範囲で遊ばせてみてください。

そして、赤ちゃんの反応が良かった遊びができるようなおもちゃを探してみると良いと思います。

3.パパやママが気に入ったもの

おもちゃは子どもだけでなく、パパやママが子どもと遊ぶきっかけになる大事なツールです。

色や形、キャラクターなど、一緒に遊びたくなるようなおもちゃを選びましょう。

・月齢別のおもちゃ選び

0ヶ月から4ヶ月

視力がまだしっかりと発達していないため、白や黒、赤などコントラストがはっきりした色のおもちゃが良いですね。

おもちゃを見つめるだけで満足している時期なので、動かして音が鳴るとさらに興味を示し手を伸ばしてきますよ。

まだ自分で掴んだものを離すことができないので、安全に扱えて、持ちやすい太さや大きさのおもちゃを選びましょう。

5ヶ月から8ヶ月

おもちゃで遊んで、発見する楽しさに目覚める時期です。

首や腰がすわるので、座ってじっくり遊べるおもちゃがおすすめです。

しかけがあったり、「押したら鳴る」など、赤ちゃんの好奇心、探究心を満たせるものや、音や動きがあるおもちゃが大好きです。

9ヶ月から1歳

親指を内側に曲げて物を押さえつけて寄せて握る、わしづかみをする時期です。

手に持ちやすい大きさのおもちゃが良いですね。

やがて、親指を物にかけ他の4本の指でつかむようになるので、指で押したりつまんだりできるおもちゃも刺激になります。

はいはいやたっちをする時期なので、転がして追いかけられるおもちゃに興味を持ちます。

また、「どうぞ」「ちょうだい」などのやり時ができ、まねっこ遊びが楽しくなります。

1歳から2歳

型はめのおもちゃや、紐をひっぱるとワンワンの足が動いてついてくる、などの形や仕組みがあるおもちゃを楽しみます。

積んだり崩したりも十分楽しい遊びですし、よちよち歩く時期なのであんよして遊べるおもちゃなど、指先を使ったり歩くことをおもちゃがサポートしてくれるものを選びましょう。

2歳

頭を使って考えながら遊べるパズルや、ママの真似ややり取りができるおままごとがおすすめです。

曲に合わせてダンスを踊ったりもできるようになるので、音または感触が楽しめるマラカスや粘土を好みます。

「好きなおもちゃ」が出てくるので、その日のおもちゃ選びにも特徴が出てきます。

3歳

興味がある遊びに違いが出てくる時期です。

好みにあったおもちゃ選びをしてあげましょう。

1つのおもちゃで何通りも遊べるものや、指先を使った作業ができるおもちゃに興味を持ちます。

体を使う、手先を使う、どちらのおもちゃも用意してあげましょうね。

Davis Twins First part of August (17 of 25) / EtanSivad

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。