ママと赤ちゃんの信頼の証!後追いって一体なに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby with balloons

ハイハイができるようになってから、ママを困らせてしまう赤ちゃんの行動の1つが「後追い」ですよね。

ちょっと用事に行こうとすると付いてくる。

立ち上がるだけで泣き出す。

ゆっくりとトイレにも行けないといったママは多いのではないでしょうか。

今回は後追いについて紹介していきます。

・後追いってどうして起こるの?

そこを知るだけでも気持ちの持ち方が変わってきますよね。

赤ちゃんの後追いは、実はママに絶対の信頼がある証拠なのです。

他人とママの区別がつくようになり、ママに対して安心感が芽生えてきます。

「ママが近くにいるなら安心だ」

ということです。

ママが視界から消えれば赤ちゃんはとても不安になります。

トイレに行くだけでも、「トイレに行ったらすぐに戻ってくる」ということが赤ちゃんにはまだ理解できませんので、後を追ってくるわけです。

後追いが信頼の証だと思えば、ママの困り感も軽減されますよね。

・後追いがある時期

後追いが始まるのは個人差がありますが、早い赤ちゃんだとハイハイができるようになる8ヶ月頃です。

9ヶ月から11ヶ月の時期にピークを迎え、1歳半頃までに落ち着くことが多いですね。

・後追いする赤ちゃんへの言葉がけ

後追いがひどいと家事がままならないことも事実です。

そんな時は、やさしく声を掛けてみましょう。

「すぐに戻ってくるよ」「心配しなくて大丈夫だよ」と。

最初は効果がないと思うかもしれませんが、このセリフを聞いたあとはママが必ず戻ってくると赤ちゃんが認識すると、待っていられるようになります。

音の出るおもちゃで気を紛らわせておくことも効果的だと思います。

また、ママとだけ過ごすことが多い赤ちゃんは後追いが強いかもしれません。

祖父母と住んでいる赤ちゃんの場合、可愛がってくれる人がたくさんいるためママだけに後追いすることが少なくなります。

ママと2人で過ごすことが多い赤ちゃんは、愛着が強くなり後追いがさらに激しくなるかもしれません。

公園に行ったり、支援センターに行くなど、同じくらいの月齢の親子が集まるところへ出かけると、ママの気分転換にもなりおすすめです。

・気をつけたいこと

後追いで気を付けたいことは怪我です。

ママを探してうろうろしているうちに、段差から落ちたり針やとがったものに気が付かず刺さってしまうなどの事態が予想されます。

日ごろから、サークルや通せんぼができるようなものを置いて行ってほしくない場所はガードする、もしくはサークル内で遊んでもらうなど対策を練っておきましょう。

ママへの信頼の証である後追いを嫌と思わずに安全に毎日生活できると良いですね。

Baby with balloons / joejungmann

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。