食中毒を予防しよう!お弁当の調理と詰め方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Somebunny I love has Autism - an Autism Awareness Message lunch

お弁当作りで気を使うのが食中毒予防ではないでしょうか。

真夏は細心の注意が必要ですが、初夏や残暑でも注意が必要です。

幼稚園のお弁当だけだはなく、家族でピクニックに出かける時も、傷みにくい作り方と詰め方で食中毒を予防しましょう。

今回はお弁当の傷みや食中毒を予防する方法を紹介します。

・食中毒対策の基本

食中毒を予防するためには、調理前に石鹸を使って綺麗に手を洗うことから始まります。

お弁当箱はパッキン部分が汚れやすいので、分解して洗い、調理器具も清潔にしましょう。

・調理のポイント

肉や魚はもちろんですが、ハムやちくわ、はんぺんなど常温で保存できない加工食品や冷凍食品なども、しっかり中まで火を通すことが大切です。

しっかり火を通すには、材料を小さく薄く切ると良いですね。

味付けは、濃い目にすると防腐効果がアップしますし、抗菌作用がある酢や梅干し、カレー粉などをうまく使うと良いと思います。

電子レンジ調理の場合は、途中でかき混ぜて加熱ムラを防いでください。

手には菌がたくさん付着しているので、おにぎりはラップなどを使うと良いですね。

・詰める時のポイント

お弁当箱は自然乾燥させたり、清潔な布巾で水分をしっかり取るようにしましょう。

水分が多いと菌が繁殖しやすい状態になるので、食中毒の危険性が高くなります。

詰める時は、おかずやご飯を素手で触らすに清潔な菜箸などを使いましょう。

蒸気がこもると水分が発生して菌が繁殖してしまうので、加熱したおかずやごはんはしっかり冷ましてから詰めてください。

おかず同士が触れないよう、小分けカップやバランを上手に使用したり、おかずの上にのせる抗菌シートを使うのもおすすめです。

おかずの定番であるミニトマトは、ヘタから傷みが広がるため取って入れると良いですよ。

・食中毒は予防が大切

朝は忙しく、お弁当にかけられる時間が限られていると思います。

しかし油断すると食中毒にかかってしまいますね。

朝のルーティンを変え、先にお弁当作りをすることで冷ます時間を確保したり、詰め方に工夫ができるようにしましょう。

また、お弁当箱に保冷剤を添えたり、できるだけ涼しいところに保管して早めに食べるなどの工夫ができると良いですね。

Somebunny I love has Autism – an Autism Awareness Message lunch / anotherlunch.com

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。