学資保険って一体どんな保険?子どもの将来に必要なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



With mama

赤ちゃんが生まれると、「学資保険に入った方が良いよ」とアドバイスを受けることが多いと思います。

子どもの将来のためにお金を貯蓄してあげたい、進路に困らないようにサポートしてあげたいというのが親の願いではないでしょうか。

しかし、学資保険とはそもそもどんな保険なのでしょうか。

今回は学資保険の基本について紹介します。

・学資保険とは

学資保険とは、子どもの学費準備に適した保険です。

大学入学時などはまとまったお金が必要になりますが、この時に契約した学資金を受け取ることができるのです。

そのため、保険料として毎月決まった金額を払いこみます。

進学時期に祝い金を受け取れたり、大学入学時期に一括で受け取るなど、商品や契約内容によってさまざまなパターンがあります。

・学資保険は必要?

子どもが幼稚園から4年制の大学まで通ったとすると、必要になるお金は約1,000万円です。

全て私立に通うと、その額は2,000万円以上にのぼります。

その他、入学時にスーツを準備したり、パソコンを買うなどの出費を加えるともっとかかりますね。

まとまったお金が必要になるので、しっかり貯蓄しておかないとその時期に慌てることになってしまいます。

「2014年度私立大学新入生の家計負担調査」では、約2割の家庭で大学入学費用を借りているという結果にもなっています。

毎月の家計内でやりくりできる額ではないので、計画的に準備しておくには学資保険が有効な手段といえるのではないでしょうか。

・学資保険のメリット

保険料を払う分をしっかり別の口座に貯蓄していけばよいのではないかと思うかもしれませんが、学資保険の大きなメリットとして、「契約者に万が一のことがあった時には、保険料の払込が援助される」ということです。

一家の大黒柱が亡くなってしまって保険料が払えなくても、契約時に決めた通りの金額が受け取れるのです。

学資金が100%確保できるので、安心して学費を準備できます。

・学資保険の選び方

保険はさまざまな商品があり、どれを選べば良いか難しいですよね。

子どもが小さければ今後のライフプランが想像できないかもしれませんが、中学受験をさせたい、高校や大学用の進学用に準備しておきたい金額はいくらか、など教育費に対する考え方はさまざまです。

そのため、受け取る時期や金額がライフプランに合わせて選べる保険を選択すると良いと思います。

子育てしながら保険商品を比較するのは大変だと思いますから、プランナーなどの専門家に相談してみると良いかもしれませんね。

With mama / oksidor

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。