おむつ替えで慌てない!男の子と女の子のうんちの拭き方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



grandparents

赤ちゃんを産むと、おむつ替えや沐浴、授乳など全てのことが初めてで緊張してしまうと思います。

出産前にイメージはできていたとしても、体がグニャグニャと柔らかい赤ちゃんのお世話をするのは難しいですよね。

おむつ替えは女の子と男の子ではやり方が違いますし、大量のうんちをすると慌ててしまうこともあるかもしれません。

今回はおむつ替えの基本と、うんちをした時の処理方法を紹介します。

・おむつ替えの「こまめに」ってどれくらい?

よく、「おむつ替えはこまめにしましょう」と言われますが、「こまめに」ってどれくらいのことをいうのでしょうか。

基本的には、おしっこサインをチェックして濡れていたら替えるのが基本です。

授乳の前後やねんねから起きた時がチェックのタイミングなので、濡れていたらすぐに替えるようにしましょう。

新生児は1日に10回から12回、Sサイズのおむつを履く頃は8回から10回が目安です。

赤ちゃんのおしりがすでに赤くなっていたり、風邪や発熱で体調が悪い時、下痢や軟便が続く時、座る姿勢が続いた時は、いつもより頻繁にチェックしてあげましょう。

・赤ちゃんに合うおむつの探し方

赤ちゃんの肌にどのメーカーのおむつが合うのか、使ってみないとわからないと思います。

使ってみて赤ちゃんのおしりが赤くなっていなければ、肌に合っていると思って大丈夫です。

ただし、肌に合うおむつでもおむつ替えを長時間しないとかぶれてしまいます。

おしっこをしたらおむつを替えるようにしましょう。

・うんちの処理方法

女の子でも男の子でも、うんちを拭き取る時は汚れの少ない外側から拭き取ります。

最初におおまかな汚れを取ったら、おしりや性器だけでなく細かい部分も拭いてあげましょう。

指におしりふきを巻き付けて拭くと、細かい部分の汚れも取れやすいですね。

男の子

男の子はおおまかに汚れを取ったら、最初に排尿部を綺麗にします。

おちんちんの裏側やしわ、足の付根などに汚れが残りやすいので忘れずに拭き取ります。

肛門は最後に綺麗に拭き取りましょう。

女の子

女の子の場合は、性器にうんちの菌が入らないように前から後ろへ拭くことが大切です。

女の子は大まかに汚れを取り、割れ目の部分にうんちが残っている時はポンポンと叩くように拭き取ります。

それでも取れない時は霧吹きを使ってぬるま湯を吹きかけ、再度拭き取ります。

・うんちが取れない時の方法

うんちがベタベタだったり、広範囲に広がっている場合はお風呂に行った方が良いと思います。

洗面器にぬるま湯を溜めて、赤ちゃんをしっかり支えながら洗います。

支えてあげれば立てるようならシャワーで流してあげましょう。

赤ちゃんのおむつの中は湿度が80%もあり、蒸れやすい状態です。

大人の皮膚の半分しかない赤ちゃんの肌は、蒸れた状態でうんちやおしっこの菌が付着したり、おむつが擦れてしまうとすぐにおむつかぶれを起こします。

うんちをしたら、できるだけ早くおむつを替えてあげるようにしましょうね。

grandparents / deltaMike

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。