チャイルドシートは義務!助手席に装着は可能か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



SAKURAKO. Sleep in car.
子どもとドライブや買い物に出かけると気になるのは、子どもが退屈していないかどうかですよね。

安全のためにチャイルドシートを付けることが義務付けられているのは知っていると思いますが、大きくなってくるとチャイルドシートから抜け出そうとする子どもがいます。

ママの目が届きにくい後部座席にチャイルドシートを装着していることで、子どもの顔をすぐに見ることができず子どもも飽きてしまうのですね。

チャイルドシートが助手席に付けれたらいいのに、と思うママは多いと思いますが実際はどうなのでしょうか。

今回はチャイルドシートについて紹介していきます。

・助手席に付けても良い?

子どもが2歳から3歳頃になると、自我が芽生えてきてチャイルドシートでがっちりと固定されることを嫌がり、車に乗ると泣き出す子どもは多いと思います。

すぐ顔を見れる助手席に乗せれたら少しは楽なに…と思うママもいるでしょう。

実はチャイルドシートは6歳未満の子どもを乗せる場合義務付けされていますが、助手席に乗せることは可能で法律上違反ではありません。

チャイルドシートを付けることが義務付けられているだけで、どこに付けるという場所の指定はありませんので罰則もありません。

しかし暗黙の了解で、チャイルドシートを助手席に付けないママが多いのです。

・助手席には危険が潜んでいる

助手席はとても危険であるということを忘れてはいけません。

助手席は事故のが起きた時、一番致死率が高いのです。

事故が起きる瞬間というのは、運転手は自己防衛反応で危険を避けるため反射的にハンドルを右に切ってしまいますので、衝突しやすいのは助手席なのです。

左から衝突される場合は死角になりやすく回避の判断も遅れるので助手席はとても危険です。

タクシーも後部座席から乗るようにドアが開きますし、会社の社長など送迎で車に乗せる時は運転席の後ろに座りますね。

これは、その位置が一番安全だからです。

・助手席のチャイルドシートは前向き

助手席にチャイルドシートを付ける場合、後ろ向きは厳禁と記載されていることが多いです。

止むおえず助手席にチャイルドシートを付ける場合は前向きにしなければなりません。

本来命を守るはずのエアーバックが、子どもにとっては命取りになってしまうからです。

エアーバックが開くときは、火薬によって時速200kmから300km程度の速さで爆発させて開きます。

後ろ向きにしてチャイルドシートに乗せると子どもの頭はダッシュボード位置になり、万一の事故でエアーバックが開くときにはその衝撃がそのまま子どもの頭に伝わってしまうのです。

エアーバックの大きさにもよりますが、チャイルドシートごと衝撃で後ろに飛ばされることもあるようです。

万一の事故のことも考えると基本的に装着は後部座席にし、万一助手席に乗せる場合も必ず前向きにして乗せ子どもの安全を守ってあげたいですね。

SAKURAKO. Sleep in car. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。