児童手当はどんな制度?申請方法や対象年齢について知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby

子どもが産まれたことでかかる育児費や生活費を支援するために、国がお金を支給する制度をご存知でしょうか。「子どもが産まれたら15,000円もらえる」と聞いたこともあるかもしれませんが、児童手当という制度です。

今回は児童手当の申請方法や対象年齢などについてお話します。

・児童手当とは

子どもが産まれると、育児用品はもちろん生活全体にかかる費用がかさみます。家計を圧迫しがちな子どもにかかるお金を援助してくれるのが、「児童手当」です。

支給額は年齢や所得で異なります。3歳未満は15000円ですが、3歳以降12歳までは第1子・第2子なら月額10,000円、第3子以降なら月額15,000円となります。中学生は、第1子、第2子、第3子以降とも月額10,000円です。ただし所得制限を超える家庭は、子どもの年齢に関係なく月額5,000円になります。

受取は2月、6月、10月の年3回です。

・児童手当の支給対象となるのは?

現在の児童手当は所得制限が導入されており、所得制限は扶養者の人数に応じて異なります。ママと赤ちゃん1人を扶養している場合は698万円(収入額では917万8000円)です。

0歳から中学校修了(15歳に達した後の、最初の3月31日)までが支給対象です。

・児童手当の申請方法

児童手当は、子どもが産まれたら自動的に受給できるわけではありません。産後、児童手当を受給するための申請手続きをする必要があります。

世帯主が健康保険や国民健康保険の人は住んでいる地域の市役所で、公務員の人は共済の窓口(職場)で申請が必要です。申請に必要なものは市役所や共済の窓口、市町村のホームページで確認しておくと安心です。同時に書き方も調べておくと良いですね。

里帰りのママは里帰り先ではなく、現在住んでいる地域の市区町村役所で申請しなければなりません。世帯主であるパパが申請することが多いでしょうから、夫婦で段取りを確認しておきましょうね。

申請の方法としては、まず産後に赤ちゃんの名前を決めましょう。赤ちゃんの名前を記入した出生届を提出し、その足で児童手当の手続きをするとスムーズです。児童手当は申請した翌月から支給対象になり、申請が遅れた場合は遡って受給できませんので気をつけましょう。

ただし、15日特例という制度があります。支給対象となるのは申請した翌月からですが、月末の出産や引っ越し、災害などやむを得ない理由で手続きができなかった場合、出産翌日から15日以内に申請し認定されれば、手続きをした月も支給対象となる特例があります。注意点としては、里帰り出産だからという理由は対象外です。

・さいごに

出生届は里帰り先の役所でも提出が可能ですが、児童手当は現住所の市区町村の役所で申請しなければなりません。里帰り先で出生届を出す場合、住んでいる地域の役所が出生届を受理するまで、児童手当の申請は認定されないので注意が必要です。

この場合の手続き遅れは、15日特例の対象外ですので、出生届を提出してから受理されるまでどれくらいかかるのか確認したり、現住所でパパに出生届や児童手当の申請をしてもらうなど、事前に段取りを決めておくようにしましょう。

児童手当は子どもの可能性を広げられるよう、有効に使いたいものです。今後制度が改正されることもありますので、最新の情報をチェックするようにしましょうね。

Baby / quinn.anya

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。