育児休暇とはどんな制度?育休中にもらえる手当とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Family

出産後も仕事を続けるママの「育休中」の家計をサポートしてくれるのが、育児休業給付金です。最近のニュースで目にしたママのいるかもしれませんが、一体どんな制度なのでしょうか。

また、誰しもが受けられる制度ではないため、自分が対象なのかもしっかり把握する必要がありますね。

今回は育児休業給付金についてお話します。

・そもそも育児休業法って何?

育時休業法とは、その名前の通り子どもを育てるために取得できる休業のことです。

育休を取ることができるのは、原則として子どもが1歳になる誕生日の前日までとされ、子どもの保育所への入所を希望していて入所できない場合は1歳6ヶ月まで権利が認められていました。2017年10月1日に育児・介護休業法改正案が施行され、延長が半年から1年へ改正となりました。つまり、育休は最大で2年間取得できることになります。

育休は女性だけでなく、男性でも取得することが認められています。育休期間中は雇用保険に加入していれば育児休業給付金を受け取れる権利もあります。

・育児休業給付金とは?

仕事を続けるママやパパは、赤ちゃんが1歳(法律では誕生日の前日)になるまで会社に育児休業を申し出ることができますが、この期間は原則的に給料が発生しません。そこで、本人が加入している雇用保険(共済組合)から生活をサポートする目的でももらえるのが、育児休業給付金です。

保育所の入所待ち、あるいは配偶者の死亡や病気などの特別な理由がある場合は、申請すれば赤ちゃんが2歳に達する日まで育児休業が延長されると、上記でお話しました。延長に伴い、育児休業給付金も最長で2歳まで受給することが可能です。

また、「パパ・ママ育休プラス」という、両親とも育児休業を取る場合の特例もあります。パパも育休を取る場合、休業可能な期間が1歳2ヶ月に達する日(2ヶ月分はパパかママのプラス分)に延長されます。

・育児休業給付金はいつ、いくらもらえる?

育児休業給付金の支給額は、育児休業開始から180日目(6ヶ月目)までは月給の67%、181日目からは50%を休んだ月数分もらうことができます。

育児休業給付金の支払いは2ヶ月ごとで、手続きは会社側が行うことが一般的です。ただし育児休業給付金は、支給対象期間の初日から4ヶ月を経過した月の末までに手続きを行えば良い事になっています。

つまり、初回の給付金支払いは育休が開始されてから4~5ヶ月後になるケースもありますので、空白期間のやりくりには注意が必要です。

また、育休中に会社から給料が出る人もいるはずです。この場合は、月給の8割以上が出る人は育児休業給付金の対象外です。育休中に支払われる給料と給付金の合計額が、育休前の8割を超えないように調整されますので、詳細は勤務先の担当者に問い合わせてみましょう。

・育児休業給付金の対象となるのは誰?

育児休業給付金の対象となるのは、雇用保険に加入していて、育休前の2年間のうちに1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある人です。この条件を満たせば、契約社員やパート(期間雇用の場合は、育児休業開始時において同じ会社で1年以上雇用が継続していて、かつ子どもが1歳に達する日を超えて、引き続き雇用される見込みがあることが必要)でも対象となります。

これらの条件をクリアしつつ、育児休業期間中の各1ヶ月ごとに休業開始前の1ヶ月あたりの賃金の8割以上のお金を勤務先からもらっていないこと、休業している日数が各支給対象期間毎に20日以上ある(ただし休業終了日が含まれる支給対象期間は、休業が1日でもあれば20日以上である必要はありません)、という2つの条件もクリアしなければなりません。

育児休業給付金の対象外となる具体的な人は、育休を取らずに仕事復帰する人、妊娠中に勤務先を退職する人、育児休業開始時点で育休後に仕事を辞める予定の人は、雇用保険に加入していてももらえません。そもそも雇用保険に加入していない、専業主婦(主夫)や自営業、自由業、パート、アルバイトの人は受け取ることができません。

・まとめ

自分が給付を受けられるのかどうか、わかりにくい部分もあると思います。

筆者の場合、A社を退職後専業主婦になったため失業保険を受取り、1年間の専業主婦を経てB社に就職。就職後すぐに妊娠したため、B社での実質勤務が12ヶ月に満たず、尚且つA社で働いていた期間が4年あったにも関わらず、失業保険をもらったことで「育児休業に入る前の2年間に、1ヶ月11日以上働いた月が通算で12ヶ月以上」という部分を満たすことができず、育児休業を取得することも育児休業給付金も受けることができませんでした。

自分が給付の対象かどうかは、勤務先の担当者にしっかりと確認してみてくださいね。

Family / katgrigg

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。