イライラして当然!子育てをうまく乗り切るコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Give me a hug! / Me dá um abraço!

子育てをしていると自分が思うように全てが進まずイライラしてしまうことが多いですね。

そのイライラが短期間で済めばよいのですが、子どもの年齢によってイライラの原因は変わり常にイライラしている状態に…

ママは子育てに一生懸命だからこそ、うまくいかないことや思い通りにならないことで悩んでしまうんですよね。

時にはリフレッシュは大切ですが、リフレッシュの仕方さえ迷い後ろめたさを感じるママもいます。

今回はイライライの原因や解消法について紹介し、ママが楽しく子育てできるようお力になれたらと思います。

・子育てでイライラする原因

子育てをしている中でイライラする1番の原因は、時間が自分中心に回らないことなのです。

家事をしていても、赤ちゃんのおむつが濡れて泣き始めたら交換するために手を止めなけれななりませんし、お昼寝をさせてママも一緒に一休みと思っても、おっぱいが欲しくて泣き始めたら授乳のためにママも起きなければなりません。

このように、ママが1日で計画する予定を思い通りに進められないことでイライラしてしまうのです。

最初のうちは赤ちゃんだから仕方ないと、一生懸命お世話すると思いますが、毎日やりたいことをこなせず積み重なっていくとイライラが募っていきます。

パパの協力がなければ、「なぜ私だけ大変な思いをしなければならないの」と不満も出てくるでしょうし、夫婦関係も悪化させてしまう結果になってしまいますね。

・イライラはいつまで続くのか

0歳から2歳まで

この時期でイライラする多くの原因は、思い通りに寝てくれないことですよね。

せっかく寝かしつけても30分位で「おぎゃー」と泣き出し側に駆けつけ、夜中はママが寝れたと思ったら泣き出してなだめたりおっぱいをあげてまた寝かしつける、といった繰り返しです。

そのうち夜が明けて、ママの睡眠がしっかり確保できずイライラしてしまいます。

2歳以降

しっかり歩くようになるとその分危険も増え、子どもにあわせてママも動き回らなければなりません。

睡眠がしっかり取れていないとなおさら体が辛く、イライラしてしまいます。

2歳頃はイヤイヤ期と言って、子どもの意思が強くなり「これがしたい」「これは嫌」という意思表示をはっきりするようになります。

ママが思った通りに動いてくれないので、イライラしてしまうのも当然です。

4歳以降

イヤイヤ期を乗り越えると子どもたちは良いこと悪いことが分かるようになってくるので、ママのイライラも落ち着いてくるのではないでしょうか。

言葉でのやり取りがスムーズになり、子どもが何をしたいのか、何を思っているのかを聞き出すこともできますし、ママの思いも伝えそれを理解してくれるようになります。

この頃はイライラが減り、楽しさを感じるようになってくる時期だと思います。

・イライラの解消法

子育てをしていてイライラしてしまうのは普通のことで、悪いことではないと思います。

時間に余裕がなく相手をしてあげられなかったり、疲れが溜まってついイライラしちゃうなど、ママたちの気持ちはわかりますよ。

イライラしないような子育てを目指すのではなく、イライラをうまく解消しながらする子育てを目指すと良いのではないかと思います。

1.深呼吸

深呼吸することで脳に酸素がいき冷静になれるものです。

イライラして子どもを怒りそうになったら、1度深呼吸をして落ち着いてみましょう。

2.子どもとの距離を作る

いつもはかわいいはずの我が子ですが、イライラしている時に側にいると余計イライラしてしまいます。

テレビを観せたり、おやつを食べさせて子どもの気を逸らして、ママはコーヒーなどを飲んで一息つきましょう。

3.人に話す

イライラを1人で溜め込むと辛いですし、苦しくなって余計にイライラする一方です。

パパや実母、ママ友に愚痴ってみると、話すだけですっきりすることがありますよ。

4.外出する

時には子どもをパパや実家、託児所などに預けて、1人でリフレッシュに出かけてみてください。

パパと2人でデートに出かけるのも良いですね。

子どもを預けて遊びに行くことに後ろめたさを感じるママもいると思いますが、毎日頑張っているママへのご褒美、明日から頑張るための栄養剤だと思って思いっきり楽しんでみましょう。

子どもが小さいうちは預けるのも大変かもしれませんが、ショッピングセンターや美容室にも託児所が付いているところも増えてきましたね。

預けることが難しいママは、子どもと公園に出かけて外の空気を吸うことも大切です。

家の中にこもってるとイライラしやすくなりますので、子どもを楽しませながらママもリフレッシュしましょう。

・イライラしてしまう自分に後悔

完璧主義のママは特にイライラしやすい傾向にあります。

子育てが完璧にできるママはいませんし、子育てでイライラするのは普通のことでママ達が皆経験しています。

「今日はできなくて仕方ない」「まあ、こんなこともあるか」と、少し気を楽にして子育てをすると良いと思います。

子どもも1人の人間ですから、ママの思い通りにならないことは当然と思い、頑張り過ぎない子育てがちょうど良いです。

イライラしても、子どものママはあなた1人です。

イライラしているママでも子どもが大好きなたった1人のママです。

もし感情をコントロールできずイライラをぶつけてしまった時は、ごめんねと抱きしめてあげましょう。

イライラを引きずっていても良いことはありませんし、謝ると子どもは必ず許してくれます。

自分なりのイライラ発散方法を探して、楽しい子育てを目指しましょうね。

Give me a hug! / Me dá um abraço! / Deni Williams

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。