乳幼児揺さぶられ症候群の原因と症状を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Babies!

赤ちゃんとの関わりは、やりがいがあって楽しいこともたくさんありますね。しかし、赤ちゃんの機嫌が悪くてぐずってしまったり、何をやっても泣きやまない時は辛いと感じることもあります。

そのような時、親やその他の養育者が自制心を失ってしまい、赤ちゃんを何とか泣き止ませようとして揺さぶって、赤ちゃんの頭を押したり、放り投げて頭部に衝撃を与えてしまうことがあるのです。

・揺さぶられ症候群とは

赤ちゃんを育てた経験に関わらず、叩いたり殴ったりすることの危険性であれば、誰でも知っているはずです。しかし、赤ちゃんを揺さぶることが危険な行為であることを知っている人は少ないかもしれません。

乳幼児揺さぶられ症候群というのは、周りから見れば「あんなことをしたら危険だ」と誰もが思うほどに激しく、乳幼児が揺さぶられた時に起こる重症の頭部損傷です。

赤ちゃんというのは頭が重く頚の筋肉が弱いので、揺さぶられた時に自分の頭を支えることができません。その結果、早く強く揺さぶられると、頭蓋骨の内側に脳が何度も打ち付けられて、赤ちゃんの脳は損傷を受けるのです。

これだけでも重大な脳損傷を起こす危険性がありますが、揺さぶられて具合悪くなった赤ちゃんを見て驚いた養育者が赤ちゃんを放り出したりすると頭部はさらに大きな衝撃を受けてしまいます。こうして命を落とす乳幼児は少なくありません。

もし乳幼児揺さぶられ症候群の結果命が助かったとしても、脳の周りの出血や脳の中の出血、失明や視力障害、言葉の遅れや学習障害、後遺症としてのけいれん発作、脳損傷や知的障害、脳性麻痺などの症状を起こすこともあります。

乳幼児揺さぶられ症候群は、親やその他の養育者が子どものことでイライラしたり、腹を立てた時に、乳幼児を激しく揺さぶってしまうことによって起こります。特に、子どもが泣き止まない時によく起こるといわれています。

乳幼児揺さぶられ症候群は、児童虐待であることを覚えておく必要があります。

しかし、遊びの中で乳幼児揺さぶられ症候群になってしまうのではないかと心配になることもあるかもしれません。例えば「高い、高い」や膝の上で赤ちゃんをピョンピョンさせるといった通常のあやし行為です。

このような行為は、赤ちゃんの脳が頭蓋骨の内側に何度も打ち付けられるような力は発生しません。ですから、乳幼児揺さぶられ症候群は起こりません。ただし、「高い、高い」をすると赤ちゃんを落としてしまう危険性があり、そのことで怪我をしてしまうこともあるので注意が必要です。

・乳幼児揺さぶられ症候群の症状

赤ちゃんが激しく揺さぶられると、脳細胞が破壊され脳は低酸素状態となります。結果として、乳幼児揺さぶられ症候群の被害児は、様々な症状を示すのです。

  • 元気がなくなる
  • 機嫌が悪くなる
  • 傾眠傾向(すぐに眠ってしまう状態)
  • 嘔吐(ウイルス感染による嘔吐と間違われやすいので注意が必要です)
  • けいれん
  • 意識障害(呼んでも応答がない)
  • 呼吸困難
  • 昏睡(強く刺激しても目を覚まさない)
  • 死亡

・乳幼児揺さぶられ症候群を疑った時にすること

赤ちゃんが激しく揺さぶられたのではないかと思った場合、最も大切なことは一刻もはやく赤ちゃんを病院に連れて行くことが大切です。かかりつけの小児科医に電話をして相談するか、最寄りの救命救急センターにつれていきましょう。

揺さぶられたせいで赤ちゃんの脳が損傷を受けていたり、頭蓋骨の中で出血が起こったりしているのに治療を受けないままにしておくと、赤ちゃんの状態は悪くなる一方です。いち早く受診しましょう。そうすれば命は助けられるかもしれませんし、健康被害が重症化するのを防げるかもしれません。

・赤ちゃんを揺さぶらないために

赤ちゃんは泣くことが仕事ですが、泣きやまないと焦ってしまうこともあるかもしれません。また、いつでもうまく対処できるとは限りません。

赤ちゃんはお腹が空いて泣くこともあれば、疲れすぎて泣くこともありますし、寒いと感じて泣くこともあるのです。オムツを替えてほしいのかもしれませんね。時には、何も問題がないのはずなのに泣くこともあります。赤ちゃんが泣きやまない時は、心当たりがあることを一通りやってみましょう。それでも泣き続ける時は、もう1度最初から試してみましょう。たいていの赤ちゃんは、泣き疲れて眠ってしまうはずです。

泣き続ける赤ちゃんをなだめるためにありとあらゆる努力をしても全然効果がない時は、自制心を失わないように落ち着くことが大切です。決して赤ちゃんを揺さぶったり、投げつけたり、叩いたりしてはいけません。

そのような行為をしても問題の解決にはならないからです。深呼吸したり、赤ちゃんを安全な場所に寝かせて別の部屋に移動し気持ちを落ち着けましょうね。

Babies! / moonrat42

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。