女の子の初節句!雛人形や衣装、料理の準備は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



untitled

子どもが生まれるとそれまでは知らなかったお祝いの行事を知り、その多さに驚くかもしれません。

ひな祭りはよく知られている行事の1つで、女の子の行事ということは誰もが知っていると思います。

今回は女の子の赤ちゃんが生まれ、初めて迎える初節句について紹介します。

・初節句とは

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を初節句と言い、女の子の赤ちゃんは3月3日の桃の節句が(ひな祭り)がこれに当たります。

一般的には、祖父母や親戚を招いて子どもの成長をお披露目する会を催し、地域によっては神社で祝詞をあげてもらうことがあります。

ただ、生まれて間もない時期に会を催すと大勢の人が出入りして赤ちゃんやママが疲れてしまします。

首がすわる前の1ヶ月から2ヶ月赤ちゃんであれば、翌年を初節句としてお祝いしても全然問題ありません。

桃の節句はひな祭りと呼ばれることが多いですが、平安時代の人形遊びと厄災を払う神事が結びつき、今のひな祭りになったと言われています。

・雛人形

昔は紙製や木製の人形(ひとがた)を子どもの体にこすり付けて、厄災を人形に移し川に流していましたので簡素な人形でした。

江戸時代頃からきらびやかな人形が好まれるようになり、何段にも連なる段飾りが登場しました。

三人官女や五人囃子などが飾られとても立派ですが、厄災を払う役目を担うのはお内裏さまだけです。

ちなみに「うれしいひなまつり」という童謡で歌われている「お内裏さまとお雛様」という表現は間違っていて、お内裏さまとはお殿様とお姫様の2人ことを指します。

ですから、お内裏さま以外は装飾になりますので数が多ければ効果が高まるというわけではありません。

購入する時は、飾り付ける手間やスペース、収納場所を考えてくださいね。

・赤ちゃんはどんな衣装を着るの?

雛人形にちなんで和装を用意するママがいますが、お宮参りやお食い初めで着た衣装で問題ありません。

購入すると1万円前後から数万円と幅広くありますが、レンタルという方法もあるので検討してください。

1歳になるまではお祝いごとが多いので、最初に買ったもので全て済ませられるように計画を立て購入すると経済的です。

・自宅でどんな料理を用意したら良いの?

蛤のお吸い物

蛤は平安時代の遊びである「貝合わせ」などで知られ、ひな祭りの代表的な食べ物です。

蛤の貝殻は対になっているものでなければ、ぴったり合いませんよね。

このことは仲の良い夫婦を表し、一生2人で添い遂げられるようにという願いが込められた縁起物です。

菱餅

菱餅はひし形をしていて、緑、ピンク、白の3色がついているのが特徴です。

「雪が溶けて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」

という意味が込められている説があります。

ひし形は心臓を表し、厄災を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願うという気持ちが込められています。

ひなあられ

ピンク、緑、黄色、白の4色が四季を表しています。

でんぷんが多く含まれていて健康に良いことから、「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

甘酒

元々は桜の花びらを漬けた桃花酒が飲まれていたようです。

甘酒と言ってもノンアルコールなので子どもでも飲むことができますが、白酒はアルコールが入っているので大人向けですね。

ちらし寿司

簡単にできる料理ですが、テーブルが華やかになるおもてなし料理ですね。

意味は特にないのですが、縁起の良い食材を使用できることからちらし寿司が浸透していったようです。

離乳食

初節句を迎えるころは、おっぱいを飲んでいたり離乳食を食べてる時期ですね。

菱餅をイメージして、緑はほうれん草やブロッコリー、ピンクは人参、白はおかゆなどを使い、離乳食の進み具合に合わせてカラフルなメニューを作ってみるのも良いかもしれません。

・誰とお祝いするの?

地域によっては親戚一同を自宅に招待して盛大にお祝いすることもありますが、遠方に住んでいる場合どうしても集まらなければならない行事ではありませんので、家族だけでお祝いして構いません。

雛人形を背景に写真を撮って、双方の両親に対する日頃の感謝や近況報告を手紙に書くと良いですね。


untitled / t-miki

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。