女の子の成長を願う初節句!知っておきたいマナーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



桃の花

「節句」とは季節の節目となる日のことで、七草、桃、端午、七夕、菊の五節句と定められています。

生まれた赤ちゃんが初めて迎える節句を「初節句」と言います。

女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句が初節句になり、それぞれ雛人形や兜飾りを飾りますね。

今回は女の子の節句である、桃の節句のマナーを紹介します。

・雛人形はいつ飾るの?

雛人形は立春(節分の翌日)か、立春以降の大安か友引と言った縁起の良い晴れた日に飾ります。

しまう時期については、長く飾っておくと将来お嫁に行けないという言い伝えもありますね。

大安が良い、二十四節気の啓蟄(3月6日)が良い、天気が良ければいつでも良いなど考え方は様々です。

・雛人形は母方の祖父母が贈る

本来は節句飾りは母方の祖父母が送りますが、経済的なことを考えて両家が話し合って費用を分担することもあります。

お祝いする気持ちを大事にすれば、形式にとらわれずに分担する方法が良いかもしれませんね。

男女の兄弟であれば雛人形は母方の祖父母、兜は父方の祖父母という分担の仕方も良いですね。

・2人目が女の子の時は

雛人形は本人の身代わりとされているので、同じものを飾らない方が良いとされています。

スペースや費用を考えて、2人目は市松人形を贈ることが多いようです。

・初節句のお祝い

初節句のお祝いは祖父母や両親の兄弟などの親戚、現在でも仲良くしている仲人が贈ります。

親族はプレゼントを贈ることがありますが、仲人は現金を贈るのが一般的です。

現金を送る場合、親族は5,000円から10,000円、仲人は3,000円から5,000円が目安となります。

のし袋は紅白の蝶結びを使い、表書きは「御初節句御祝」「御祝」「祝初節句」と書きましょう。

・ひな祭りの内祝い

赤ちゃんのお祝いは内輪で行うものなので基本的にお返し品は必要ないとされています。

当日のお祝いの会食が内祝いに当たるので、招待した人に品物をお返しする必要はありません。

遠方に住んでいて会食に参加できず、どうしても感謝の気持ちとしてお礼をしたい場合がありますので、その場合は「内祝い」としてお菓子や日用品を贈りましょう。

仲人は会食に招待できなことが多いので、お祝いの品をいただいた時はもらった金額の2分の1から3分の1程度の品物を、3月中にお返ししましょう。


桃の花 / ryumu

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。