添い寝のメリットとデメリット!安心して眠る方法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



帰宅したら添い寝してたよ

赤ちゃんとの添い寝には、様々な意見があります。

日本には昔から赤ちゃんと添い寝する文化がありますが、したほうが良いのか、しないほうが良いのか迷っているママは多いようですね。

海外では添い寝のメリットが推奨され、添い寝をするママが増えたようです。

今回は添い寝のメリットとデメリットについて紹介します。

・添い寝のメリット

日本には古くから赤ちゃんとママが一緒の布団で寝る「添い寝」の文化があり、現在でも一般的に行われています。

添い寝をすることで、赤ちゃんは安心して睡眠をとることができます。

お腹の中にいた時ママの心音を聞いていてぬくもりを感じていましたので、添い寝することで安心感が得られます。

一緒に寝ていると、赤ちゃんがおっぱいを欲しがった時すぐに飲ませることができます。

立ち上がったり場所を移動することがないので安心ですね。

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは眠りが浅く、ちょっとした物音で起きてしまうことが多いのです。

抱っこして寝かしつけて、ベットに置いた途端泣き出すこともあるはずです。

添い寝をしていれば、ママの存在を近くに感じ赤ちゃんは安心して眠ることができます。

側に寝ていることで赤ちゃんが泣いた時に気づきやすいというメリットもあります。

寝ている赤ちゃんはよく動きますし、ベットの柵に頭をぶつけたり、枕が顔を覆ったり、ミルクの逆流で嘔吐物が鼻や口を塞いでしまうかもしれません。

離れていると泣き声に気づかないこともあるので、近くで寝ると安心ですね。

・添い寝のデメリット

SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高まったり、窒息する恐れがあります。

パパやママが寝返りで覆いかぶさったり、柔らかい布団が顔にかかるかもしれませんし、添い乳しながらママが寝てしまい鼻や口を覆ってしまう危険があります。

ママやパパが寝ているベットには柵がないので転落の可能性もありますね。

・オススメの寝方

メリットが沢山ある一方で、取り返しのつかないようなデメリットがあります。

赤ちゃんとの寝方でオススメなのは、パパやママのベットの横にベビーベットを置き、同じ室内で寝ることです。

布団を敷いて寝ている場合は、チェンジングプレイスという便利グッツがあり、使い方によって形を変えられるので布団の横に置いて寝かせると良いと思います。

赤ちゃんのお世話が近くでできるのでぜひ試してみてください。


帰宅したら添い寝してたよ / yto

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。