新生児は目が見えていない?視力の発達過程とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Surprised Reese

生まれたばかりの赤ちゃんは視力が低く、ほとんどの物がぼんやりとぼやけて見えている状態です。

赤ちゃんの約半数がだいたい3歳位までに大人と同じくらいの視力まで発達しますが、たくさんの経験が重なることで目が見えるようになってきます。

月齢別に、どんな発達を遂げていくのかを紹介していきます。

・赤ちゃんの目の機能

赤ちゃんは生まれてきた時、目で物を見る組織は備わった状態で生まれてきます。

しかし、目を合わせようとしてもなかなか合わなかったり、こっちをみているのかな?と疑問に思うことがよくありますよね。

それは、まだ「視界に入ったものを処理する脳」が発達していないからです。

成長によって両目を使って焦点を合わせる訓練や、見たものの色を認識する力、立体でとらえる力をトレーニングしていくのです。

視力が発達することによって、知識や感情の成長にも繋がります。

生まれてすぐは、白黒で輪郭がぼんやり見える程度の視力しかありませんが、パパやママは笑顔で話しかけ、色々なものを見せてあげると良いですね。

・視力の発達段階

0ヶ月から2ヶ月

生まれたばかりの赤ちゃんは0.01から0.02の視力しかなく、両目の焦点が合いません。

そのため見るものほとんどがぼやけており、色も黒、白、グレーしか認識できません。

毎日様々な物を見たり、ママと見つめ合うことで脳や目の神経が刺激されて発達していきます。

1ヶ月から2ヶ月経つと少しずつ色や物を認識できるようになります。

3ヶ月から5ヶ月

3ヶ月頃になると目の焦点が合わせられるようになり、人の形がぼんやりと分かるようになります。

視力は0.04から0.08しかありませんが、パパやママの表情を読み取れるようになってきます。

この時期は動くものを目で追う「追視」が始まります。

今まで黒と白とグレーしか認識できませんでしたが、赤が認識できるようになり徐々に色の理解が進みます。

この頃のおもちゃにはっきりした色が多いは、赤ちゃんが色を認識し反応しやすいためです。

おもちゃを使って様々な色の体験をし、刺激を与えてあげましょう。

4ヶ月から5ヶ月になると、奥行きがわかるようになり目と手が連動して発達します。

6ヶ月にかけて、物に手を伸ばして触れることで物の理解が深まってくる頃です。

6ヶ月

視力は0.1まで発達し、この頃はおすわりができるようになるため視界が広がります。

様々な物や人に興味を持ち、パパやママの顔を覚えて他の人と区別できりようになることで人見知りも始まります。

ハイハイしたり立ったりするようになるとそれに合わせてさらに視界が広がり、細かいところに目がいき興味を持つようになります。

1歳

1歳になると視力は0.2から0.25まで発達していきます。

細かい物が見え、上下左右や奥行きなど空間を立体で把握できるようになり行動範囲がさらに広がります。

この頃になると視力は急激に発達し、2歳で0.5、3歳までに約半数の赤ちゃんが1.0ほどになります。

4歳で7割、5歳で8割くらいになり、6歳になるとほとんどの子どもが1.0の視力になります。

脳へ刺激を与えることで視力には良い影響がありますので、子どもの興味があるものをどんどん見せて、触れさせてあげましょう。

・赤ちゃんの発達には五感が必要

赤ちゃんは脳に刺激を与えることで発達していきます。

その刺激は、視覚だけではなく触覚、味覚、嗅覚、聴覚のすべてが必要です。

例え目が見えていな赤ちゃんでも、ママの匂いや感触、声で認識し、その中で成長していきます。

テレビやスマホを長時間使うと眼球や目の周りの筋肉を疲れさせてしまうので、元々視力が弱い赤ちゃには強い刺激となり、視力の低下の原因になります。

また、言語発達の遅れやコミュニケーション不足が指摘されますので、小さなうちはほどほどにしましょう。

6歳から7歳には視力が安定してきますから、パパとママとの触れ合いを大事に成長を促せる関わりをしてあげてくださいね。

Surprised Reese / donnierayjones

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。