なんで舐める?赤ちゃんがものを口に入れる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby flexibility demo

赤ちゃんが何でも口に入れる姿を見たことはありませんか。

おもちゃだけではなく、自分の手や足まで口に入れるので心配になるかもしれません。

また、汚くて止めさせたと思うママがいるかもしれませんが、この行動は赤ちゃんにとって意味のあることなのです。

今回は赤ちゃんが口に何でも入れてしまう理由について紹介します。

・赤ちゃんが何も口に入れる理由

生まれてから少しの間、赤ちゃんは外部の刺激をあらゆる部分で同時に認識できる力を持っています。

どういうことかと言うと、大人は目で見たものを同じ形と認識しますが、赤ちゃんは舌で感じたものをものを見分けることができるのです。

共感覚といい、触覚刺激から受けた情報を視覚情報としても共有する事ができる能力なのです。

この力が備わっているのは基本的に赤ちゃんの時だけです。

まだ目が見えない赤ちゃんは舌を使ってものの情報を得ているため、口に何でも入れようとするのですね。

・口に入れるのを止めさせない

共感覚という能力は成長とともに消えていくのですが、未熟な赤ちゃんがママのお腹の外で生きていくために備えられた能力です。

お腹にいる時から自分の手や足を舐めて自分の存在を確認していました。

新しいものを認識する時は、目で見て手で触れ、口に入れる必要があります。

大人になると考えられないことですが、赤ちゃんにとっては大切な行動なのですね。

小さいものや不衛生なものは制止する必要がありますが、安全面や衛生面に気を付けて赤ちゃんが思うままに行動できるよう見守ってあげることが大切だと思います。

Baby flexibility demo / madprime

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。