何でも牛乳を飲ませるのは間違い?誤飲した時の対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Milk moustache

赤ちゃんは何でも手に取り、口に入れてものを確かめています。

その度にドキッとするママも少なくないはずです。

飲み込んで良いものと悪いものの区別ができていませんから、間違って飲み込んでしまうこともありますね。

それが窒息の原因となり、事故へ繋がってしまうのです。

今回は誤飲や窒息が起きた時の対処法を紹介します。

・誤飲・窒息の対処法

飲み込んでしまったものによって対処法が異なるので、間違ったものを飲ませて悪化を招くようなことがないようにしましょう。

至急病院へ行く場合

除光液・灯油・ガソリン・ベンジンなどの揮発性物質

何も飲ませません。

吐いたものが気管に入って肺炎を起こすこともあるので、絶対に吐かせないで病院へ連れて行きましょう。

ボタン電池・コイン・画びょう・ピン・針・ピアス

何も飲ませません。

無理に吐かせると体内を傷つけたり、肺や気道に入り込む危険があるためそのまま病院へ連れ行きましょう。

ナフタリン・しょうのうなどの防虫剤

水を飲ませて吐かせましょう。

牛乳やミルクはかえって体内への吸収を早めてしまうので、絶対に飲ませてはいけません。

住宅用洗剤・トイレ用洗剤・漂白剤

牛乳(母乳、ミルク)を飲ませ、吐かせず病院へ連れて行きましょう。

粘膜にやけどを起こしてしまうため、胃の粘膜を保護する意味で牛乳が良いです。

処置後、病院へ行く場合

タバコ・吸い殻が入った水

ニコチンが体内に吸収されやすくなるので、何も飲ませてはいけません。

吐かせてから病院へいきましょう。

シャンプー・リンス

舐めた程度であれば吐かせて様子を見てください。

飲み込んでいるようであれば、牛乳(母乳、ミルク)を飲ませ吐かせましょう。

薬・香水

水を飲ませて吐かせましょう。

病院へ行く時は、何を飲んだかわかるように薬の瓶などを持って行きましょう。

・異物の吐かせ方

赤ちゃんの場合はママが頭を下げ気味にして抱きかかえ、口を大きく開け舌の付け根辺りに指を置き、押して吐かせます。

幼児の場合は、パパに後ろから抱っこしてもらい手と頭を抑え、ママが前から舌の奥をスプーンで下側に押して吐かせましょう。

・異物を喉に詰まらせた時の吐かせ方

赤ちゃんの場合は、ママが正座し顔が下向きになるように前腕にまたがせ、頭と首を固定します。

背中の真ん中を平手で4回から5回叩いてください。

幼児の場合はママが立膝になり、太ももが子どものみぞおちを圧迫するようにします。

子どもの頭を下げた状態で背中を平手で4回から5回叩いてください。

うまく吐かせられない場合は無理をせず、病院へ行くか救急車を呼んでくださいね。

・窒息が起きた時の症状

窒息は喉に物を詰まらせて起きる他に、スパーのレンジをかぶる、スタイをしたまま寝る、紐が首に引っかかる、寝返りが打てない赤ちゃんの顔に毛布がかかったりしても起きます。

窒息すると声が出せなくなり、顔色が悪くなる、ヒューヒュー、ゼーゼーと苦しそうな息づかいなどの症状が現れます。

窒息が進むと痙攣や意識がなくなることもあるので、すぐに救急車を呼んでくださいね。

Milk moustache / Lars Plougmann

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。