乾燥させない方が治りは早い?すり傷・切り傷の応急手当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



In Pieces (An Auditory Experiment)

赤ちゃんにすり傷や切り傷はつきものですが、傷口からばい菌が入ったり、出血がひどく小さな体に大きなダメージを与えるかもしれません。

傷の深さや大きさ、出血量が多い時は落ち着いて止血する必要がありますね。

今回は傷や出血があった時の応急処置について紹介します。

・傷ができた時の応急処置

1.止血

すり傷や切り傷で出血した時は、傷口に清潔なガーゼを当てて圧迫しならがら止血します。

小さい傷であれば3分程度の止血で止まると思います。

2.傷口を洗う

水道水で傷口をきれいに洗いましょう。

ガラスやナイフでついた傷は中までよく洗ってください。

3.傷口を保護

以前は傷口を乾燥させたほうが良いとされていましたが、乾燥させると治りが遅いことが判明しました。

きれいなガーゼやタオルで水気を拭き取り、絆創膏やガーゼで傷口を覆い保護してください。

4.出血が止まらない場合

出血が多く傷口が深い時はすぐに救急車を呼びましょう。

また5分以上強く押さえて止血しても止まらない時は、救急車を呼び至急病院を受診してください。

・赤ちゃんに多い傷と手当の方法

ガラスなどが深く刺さる

無理にガラスを抜くと傷口を広げてしまい、出血が多くなることがあります。

深く刺さったガラス、細かなガラスの破片はそのままの状態で病院へ行きましょう。

古い釘が刺さる

釘が刺さったままにしておくと感染症を起こすことがあるので、抜いて周辺を指で強く押し、血を絞り出します。

その後傷口をふき、ガーゼを当てて病院へ行きましょう。

トゲが刺さる

ピンセットやトゲ抜きを使ってトゲを抜きます。

ピンセットなどは使用する前に熱湯消毒してから使ってください。

トゲが深くて抜けない時は、そのまま病院へ行きましょう。

放っておくと化膿することがあります。

In Pieces (An Auditory Experiment) / dusk-photography

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。