9ヶ月以降も母乳中心の赤ちゃんは鉄分不足に注意しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



First time eating solids

赤ちゃんの脳は、1年間で大きく発達すると言われています。

発達を促すためにはバランスの取れた食事が必要になり、母乳に含まれた豊富な成分が活躍します。

しかし母乳にも落とし穴があるのです。

今回は脳や体の発達に必要な、母乳に含まれる鉄分について紹介します。

・母乳に含まれる鉄分が減る?

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素が豊富に含まれていて、赤ちゃんの成長を支えてくれています。

しかし、母乳に含まれるたんぱく質と鉄分は、出産後から徐々に減っていき、生後12ヶ月頃には初乳の約半分になってしまいます。

それを補うために、5ヶ月から6ヶ月頃に離乳食が始まるのです。

5ヶ月から8ヶ月のゴックン期やモグモグ期はあまり心配いらないのですが、9ヶ月以降も母乳が中心だと鉄が不足してしまいます。

鉄は血液中のヘモグロビンを作り出し、体中に酸素を運ぶ重要な役割を果たしていますよね。

母乳中心で鉄が不足すると、鉄欠乏性貧血になり、脳への酸素や栄養補給に影響を及ぼしてしまうのです。

長い期間極端に鉄分が不足すると、知能の発達や運動機能にも影響が出てしまいます。

・1日3回の食事をバランスよく摂ること

9ヶ月以降、1日3回の食事を栄養バランス良く食べていれば、必要な鉄分量は摂れていると思って大丈夫です。

9ヶ月を過ぎてもおっぱいが大好きで離乳食をあまり食べてくれない時は、母乳を少しずつ減らすようにしてみてください。

苦手な食べ物は、とろみをつけたり調理法を変えて工夫してみましょう。

それでも母乳が減らない時は、鉄分、ビタミン、ミネラルなどが添加されたフォローアップミルクを使用すると良いと思います。

First time eating solids / benklocek

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。