手づかみ食べにイライラ!ママが許せる範囲の決めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Reese Double Fisting

離乳食が進み6ヶ月頃になると手づかみ食べを始めますね。

9ヶ月頃から2歳頃は手づかみ食べのピークですが、食卓や服が汚れてママは大変だと思います。

しかし手づかみ食べは脳を刺激する大切な動きなのです。

今回は手づかみ食べの効果について紹介します。

・手の発達

6ヶ月

手のひら全体でものをつかめるようになるのは6ヶ月くらいです。

物をつかむことはできても、まだ指先を上手に使うことはできません。

手の平全体でわしづかみにして食べ物を口へ運びます。

9ヶ月

親指と人さし指、中指で食べ物をつまむのは9ヶ月くらいです。

スプーンを自分でつかみたがりますが、スプーンで口に運べるようになるのは1歳以降です。

たまごボーロやカットした果物などもつまめるので、練習しても良いですね。

・手づかみ食べの効果

手づかみ食べをすることで、赤ちゃんの脳はたくさんの刺激を受けています。

目で見て確認した食べ物を、手を伸ばしてつかみ、口に運んで一口量かじり取ります。

これは目と手と口を強調させた高度で知的な行動なのです。

繰り返し手づかみ食べを経験することで、手や指の機能はどんどん発達し脳が刺激されて、鍛えられていきます。

・食事への意欲がある証拠

食事に自分で手を伸ばし、自分で食べようという気持ちが芽生えていることがわかりますね。

最初のうちはうまく食べられず、こね回したり、握りつぶしたり、どんどん口に入れてオエッとなると思いますが、これも学習です。

食べ物の硬さや、どれだけ握ったら潰れるのか、熱いのか冷たいのか、一口の量はどれくらいなのかなど、遊びながら学んでいる途中です。

1歳半まで手づかみ食べをたくさん経験すると、自分で食べるという基礎ができ、目と手と口を連動させてスプーンなどの道具が使えるようになります。

・汚れることを前提に準備

手づかみ食べを経験し学習しているとはいえ、食卓や服が汚れママの負担になることもあります。

手づかみ食べがピークの時期は、ベビーチェアの下に新聞紙を敷いたり、汁気の少ないメニューで汚れを最小限にするなど、汚れることを前提に準備すると良いですね。

また、1回の食事は20分にするなど、負担が減るような工夫をすると良いと思います。

Reese Double Fisting / donnierayjones

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。