楽しい食事は心を強くする!脳の発達に必要なのは笑顔だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



mess

家族で食事を食べて楽しい時間を過ごすことは、精神的な安らぎを得て心を強くするという効果があります。

赤ちゃんの脳が発達するには、食卓を囲むことはとても大切です。

怒られながら食事をすると、緊張して消化酵素や唾液の分泌が悪くなり、無理に食べさせてもうまく消化できなくなってしまいます。

今回は脳の発達を促す食事について紹介します。

・脳の栄養は楽しい食事

楽しい食事は、精神的な安らぎを得て心を強くするという大きな力があります。

楽しく和やかな雰囲気で食事をすることは、赤ちゃんの脳の発達にはとても重要です。

食品から得られる栄養素は、体を作るだけでなく脳内の物質を変化させ、気分を高揚させたりリラックスさせたりします。

おいしそうな食事を見たり、いい匂いを嗅ぐことでも脳は反応します。

家族で食事を食べて満足感を味わえば、いらだちは抑えられ、心の安定が生まれます。

食事=楽しいという条件反射ができると、食べることが好きになり、生活の中で無意識のうちに感じているストレスを軽減し、強い心が育っていきます。

・脳の活性化

楽しい食事をした時に得られる幸福感によって、消化酵素がよく分泌されるようになります。

消化吸収が良くなり、脳に必要な栄養がスムーズに届けられ脳の活性化に繋がるのです。

食事は、彩りを良くし視覚から得られる楽しみを作ったり、食感豊富なメニューを取り入れることがおすすめです。

さまざまな食物の味や色、形、口当たりを経験することによって、味覚や触覚、視覚などの五感が刺激され脳の発達が促されます。

「いちごって甘くておしいね」など、会話も脳への良い刺激となりますよ。

mess / bradleygee

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。