母乳や粉ミルクに含まれるアラキドン酸が脳の発達に良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



絶賛授乳中!

母乳育児を中心に育てようと考えているママは多いと思います。

母乳は赤ちゃんにとって理想的な栄養と言われており、特別な理由がない限り母乳育児ができると良いですね。

最近母乳に含まれている「アラキドン酸」と「DHA」という栄養素が、脳の発達に重要とされ注目を集めています。

今回は母乳がもたらす脳への影響を紹介します。

・アラキドン酸とは

アラキドン酸とは、ビタミンFに含まれる必須脂肪酸の一種で脳や肝臓、腎臓などのあらゆる組織を構成する主成分です。

肉類や魚介類、レバー、たまごに多く含まれています。

また、食品から摂取するリノール酸(必須脂肪酸)を体内でアラキドン酸に変化させることは可能とされていますが、高齢者や乳幼児はその働きが弱いため、十分な量を合成できないといわれています。

そのため、アラキドン酸は直接食品から摂取することが必要になります。

・DHAとは

DHAは聞いたことがあると思いますが、青魚やまぐろなどの魚油の豊富に含まれている脂肪酸です。

学習や記憶を司る脳の器官である海馬に多く含まれているという特徴があります。

食べ物で摂ったDHAは消化吸収され血液の流れに乗り、脳へと入ります。

そして神経細胞の細胞膜の主成分となって膜の柔軟性を保ち、記憶や学習などの脳の働きを高めているのです。

・アラキドン酸とDHAが脳の発達を促す?

赤ちゃんの脳は妊娠後期から生後2年くらいまでに急ピッチで成長し、新生児の脳の重さは400g、1歳で800gになります。

大人の脳は1,400gなので、1歳頃には大人の脳の70%、3歳では約90%の容量になります。

情報伝達に関係する脳神経も発達するので、この時期にアラキドン酸とDHAがたくさん必要です。

しかし1歳までは母乳やミルクが中心で、離乳食で十分に摂取できるほどの量を食べませんよね。

そのため、赤ちゃんの栄養の中心である母乳やミルクからアラキドン酸やDHAの摂取が必要になるのです。

・母乳に含まれる栄養素

母乳が赤ちゃんにとって最適な栄養であることは広く知られていますね。

赤ちゃんを病気から守る免疫物質が豊富で、消化吸収が良く、赤ちゃんの発育に必要な栄養がバランスよく含まれていることが母乳のメリットとしてあげられます。

栄養素を見ると、たんぱく質、脂質、炭水化物といった三大栄養素だけではなく、ビタミン、ミネラルも理想的な割合で含まれていることがわかっています。

これらの栄養素の中でも、脂質に含まれているDHAとアラキドン酸は赤ちゃんの脳の発達や体の成長に深く関わっていることがわかってきました。

母乳中のアラキドン酸はほぼ一定に保たれており、ママの食事内容や体調の変化で増えたり減ったりしません。

食事から十分にアラキドン酸を摂取できない赤ちゃんには、母乳を飲ませてしっかりと摂取させてあげたいですね。

・粉ミルクにもアラキドン酸とDHAが含まれたものがある!

最近のミルクはどんどん母乳の成分に近づけられています。

アラキドン酸やDHAが母乳と同等量含まれている商品もありますので、特別な理由で母乳をあげられないママも安心して大丈夫ですよ。

その際はアラキドン酸やDHAが含まれている粉ミルクを選んでみましょう。

代表的なのは、森永「はぐくみ」や明治の「ほほえみ」などです。

また、母乳の分泌量が少ない時はアラキドン酸が含まれていない粉ミルクを与え、母乳の出が悪くなってきた頃に補助的に使っていた粉ミルクを、アラキドン酸やDHAが含まれた商品に変えてみると良いと思います。

脳の発達に重要なアラキドン酸とDHAが含まれてるか成分表で確認し、粉ミルク選びの参考にしてくださいね。

絶賛授乳中! / yto

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。