脳の発達を支えるアラキドン酸!多く含まれる食品とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



IMG_0867

脳の発達に重要とされる、母乳に含まれているアラキドン酸やDHA。

脳が大きく成長する1歳までに、母乳を飲むことで脳の発達が促されると世界から注目を集めています。

DHAは魚介類に多く含まれていると知っているママは多いかもしれませんが、アラキドン酸は聞いたことがないかもしれませんね。

今回はアラキドン酸の働きについて紹介します。

・アラキドン酸が含まれる食品

アラキドン酸は脂質の一種で、脳や肝臓、腎臓などのあらゆる組織を構成している主成分です。

肉や魚、卵などの動物性食品に含まれており、脳の発達や活性化に関わりが深いことがわかっています。

脂質の一種と言われると敬遠されがちですが、DHAやEPAなどと並ぶ必須脂肪酸の1つです。

食品から摂取するリノール酸(必須脂肪酸)を体内でアラキドン酸に変化させることは可能とされていますが、高齢者や乳幼児はその働きが弱いため、十分な量を合成できないといわれているのです。

つまり、アラキドン酸は積極的に食品から摂取することが必要です。

・ママの食事とアラキドン酸の関係

ママの食事や体調の変化によって、母乳に含まれるアラキドン酸の量に影響を与えることはなく、ほぼ一定量に保たれています。

研究の中では、アラキドン酸が重要な成分であるからこそ常に一定に保たれていると考えられているようです。

しかし、ママの体調が悪かったりストレスで母乳の出が悪くなると、赤ちゃんが飲む量自体が減り、アラキドン酸の摂取量が減ってしまいます。

母乳を与えている間は、赤ちゃんに十分な量の母乳が与えられるよう、食事や生活リズムなどに気をつけると良いですね。

・アラキドン酸の働き

脳の司令塔である「海馬」という部分があります。

アラキドン酸を摂取することによって、海馬の神経細胞の数が格段に増えるという実験結果が出ました。

また、物を考えたり覚えたりする時には、脳の神経細胞の数とネットワークの効率の良さが重要になるのですが、神経細胞の細胞膜がやわらかいと伝達力が強く、早くなります。

これを支えているのがアラキドン酸なのです。

脳の働きが活発になると、記憶もしっかりと残り、学習力や記憶力が向上するというわけです。

アラキドン酸を摂取することで赤ちゃんの体の成長を促す働きがあることもわかっているそうです。

以前は人間の脳の神経細胞は3歳までがピークとされており、それ以降は減っていくと考えられていましたが、最近は大人になっても脳の神経細胞は新しく作られていることが明らかになってきています。

しかし、アラキドン酸は年齢とともに減少し、細胞膜が硬くなっていくため情報のやり取りがうまくいかなくなるために、高齢になると物覚えが悪くなると考えられてます。

つまり、アラキドン酸を積極的に摂り入れ、脳を活性化させる必要があるということです。

母乳には赤ちゃんに必要なアラキドン酸が含まれており、ミルクでもアラキドン酸を含むものがあります。

いずれは幼児食を食べるようになりアラキドン酸を食品から摂取しなければならない時がきますので、離乳食が始まったら意識的に摂り入れて慣れさせておくと良いですね。

IMG_0867 / yoshimov

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。