エアコンが負担とは限らない!外気温マイナス5℃を目安に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Summer Babies

湿度も高く、猛暑日が何日も続く日本の夏。

大人でもつらい季節は、赤ちゃんにとって過酷な季節です。

赤ちゃんの健康を守るために、快適な夏の過ごし方を考えなければなりませんね。

今回は赤ちゃんとエアコンの上手なつきあい方について紹介します。

・エアコンは赤ちゃんの体に負担?

暑い夏の日でも、一日中エアコンを付けていると体に負担がかかると思い、なるべく自然な環境を作るために扇風機だけで頑張ってはいませんか?

もちろん自然の風が吹いた時に「涼しいな」と感じる経験も大切です。

しかし、自然の風にこだわりすぎると熱中症の危険があります。

実はエアコンを使っても、程よい室温設定であれば体に負担をかけることはありません。

病院を思い出してみると、常時エアコンで一定の室温をキープしていますよね。

新生児のうちはむしろ、エアコンを効かせた快適な室温の方が体に負担が少ない場合もあります。

・夏に快適な室温

エアコンの設定温度は、26℃から28℃がおすすめです。

しかし、この温度にこだわりすぎるのはよくありません。

部屋の日当たりや広さ、地域などで条件が変わってきます。

26℃から28℃はあくまでも目安として、ママが快適に感じる温度に設定しましょう。

また、室内と外気温の差が大きくなりすぎると、外へ出た時に急激な温度差に対応できず夏バテや体調不良の原因になります。

外気温マイナス5℃以内が目安で、あまり寒くない温度に設定しましょうね。

エアコンを除湿にすると湿度だけではなく温度も同時に下がるので、場合によっては冷房よりも寒く感じることがあります。

また、送風モードで風が直接当たらないように注意しましょう。

体温が急速に奪われると脱水症状を起こす危険があります。

Summer Babies / kellyhogaboom

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。