ねんね期でも公園で五感を使った遊びをしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



At the Park

子どもは遊びを通して発達していくと言われていますよね。

どんな遊びも、見て、触って、聞いて、匂いを嗅いで、口に入れて、さまざまな体験をすることができます。

その体験、いわゆる五感をフル回転させて遊べるのが公園です。

いつもの公園を、子どもにとってかけがえのない場所にしてあげたいですね。

今回は公園遊びを楽しむポイントを紹介します。

・公園遊びを楽しむポイント

1.子どもの気持ちを優先

公園にはさまざまな遊具があり、「今日は鉄棒を体験させよう」と意気込んでいるママもいるかもしれません。

しかし、課題が優先になってしまう遊びは、心地良いものではなく不快な体験になってしまいます。

これは将来体を動かすことが嫌になってしまう芽を作ってしまう可能性があります。

公園遊びは、子どもの気持ちを優先させましょう。

2.遊具だけにこだわらない

ブランコや滑り台、ジャングルジム、それぞれ遊具には魅力があります。

しかし赤ちゃんにとっては、遊具ではなく開かれた「公園」という空間の中で得られる五感の刺激があります。

その刺激が発達や発育の面で大切な要素です。

まずは遊具だけにこだわらず、公園そのものを楽しんでくださいね。

3.楽しい経験をさせる

ねんねの時期に連れて行っても、赤ちゃんが楽しめるのが公園です。

ベビーカーの乗せっぱなしにすることほど、もったいないことはありません。

抱っこしたり、レジャーシートを敷くなどして、いつもとは違った刺激を与えてみましょう。

風を感じたり、葉っぱに触れるだけで楽しい経験が増えますよ。

At the Park / StarsApart

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。