夏生まれの赤ちゃんにあったウエアの着せ方と汗対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Collabora Baby Clothes

今年も猛暑が予想され、体温が高い赤ちゃんにとってもつらい季節が近付いていますね。

暑い夏を乗り切るために気になるのが、ウエアの着せ方ですよね。

汗をかくとあせもが心配になるので、汗対策も必要になってくると思います。

今回は夏生まれの赤ちゃんにあったウエアの着せ方や汗対策について紹介します。

・夏生まれの赤ちゃんのウエアの着せ方

0ヶ月から2ヶ月

短肌着+コンビ肌着

内側に短肌着を着せ、上からコンビ肌着を着ると裾がゴロゴロせず着心地が良いです。

上からコンビ肌着を着ているので、足をバタバタさせても、抱っこをしてもお腹がはだけません。

短肌着+ベビードレス

新生児におすすめの着方です。

短肌着でおへそまでカバーして、ベビードレスでつま先までくるんで安心感抜群です。

コンビ肌着+ツーウェイオール

冷房の効いた部屋や秋口などは、コンビ肌着でおなかをしっかりカバーし上からツーウェイオールを着せます。

ツーウェイオールのスナップの留め方は、好みでベビードレスにしても良いですし、カバーオールにもなりますよ。

3ヶ月以降

短肌着+ツーウェイオール

肌着は汗を吸ってくれるので、あせも予防になります。

盛夏はツーウェイオール1枚でも過ごせますね。

エアコンが効いている時は重ね着をした方が安心です。

ボディスーツ+半袖カバーオール

梅雨の時や涼しい日はボディスーツタイプの肌着でお腹をしっかりガードし、上にカバーオールを重ねます。

おしゃれボディスーツ1枚

猛暑の日は、動きやすくお腹が出ない形のボディスーツ1枚でも過ごすことができますよ。

・夏生まれの赤ちゃんにできる汗対策

大人より体温が高い赤ちゃんですし、まだ自分で体温調節する機能が未熟のためたくさん汗をかきます。

放っておくとあせもになる可能性もあるので、汗対策はしっかり行ってあげたいですね。

汗をかいたら着替えさせたり、お風呂に入れるなどの対処もできますが、背中に汗取りパッドやガーゼを入れる方法もあります。

おすすめはガーゼやフライス素材でシート型になった汗取りパッドです。

肌着の内側に重ねておけば、汗をかいても引き抜くだけです。

こまめに取り替えられて洗濯も楽なので、着替えの手間が減り外出時にも便利ですよ。

Collabora Baby Clothes / nedrichards

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。