夏に気になるエアコンと紫外線!おすすめの対策ウエア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Oona

夏生まれの赤ちゃんは、部屋の中や外出先でエアコンに当たる機会が多くなると思います。

赤ちゃんのウエアの着せ方の基本として、新生児の頃は大人より1枚多め、2ヶ月から3ヶ月は大人と同じ、3ヶ月以降は大人より1枚少なめが良いとされていますね。

しかし、エアコンが効いた部屋ではどんな対策をして過ごせば良いのでしょうか。

また、外出する時に紫外線も気になりますね。

今回はエアコンや紫外線対策ウエアを紹介します。

・エアコンが効いた部屋での対策ウエア

外出先や車内などはエアコンが効いていて意外と寒かったりしますね。

室内と屋外の温度差が激しいと、赤ちゃんは体温調節が苦手なので疲れたり体調を崩しやすくなります。

健診などで外出する時は、コンパクトな冷え対策ウエアを持ち歩いていると、赤ちゃんを冷えから守ることができますよ。

おすすめの冷え対策グッツは、ベストやカーディガンです。

はだけにくい打ち合わせ式や、スナップが付いているとお腹が冷える心配がありません。

また、レッグウォーマーもおすすめです。

赤ちゃんは手足の末端を使って体温調節しているので、靴下を履かせてしまうとその働きを妨害してしまう可能性があるのでレッグウォーマーが良いでしょう。

もし足の裏が冷えて青みがかっているようであれば、ウエアが足りていないかもしれませんね。

赤ちゃんの体の中心を触って、冷えているようであればウエアで調節してあげましょう。

・紫外線対策におすすめのウエア

紫外線の強い時間帯は、できれば外出は避けたいですがやむを得ない時もありますね。

その場合は、UVカット効果がある帽子やポンチョ、日傘で対策をしましょう。

袖を通さずのサッと羽織ることができ、小さくたためるポンチョは重宝すると思います。

Oona / roxeteer

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。