夏向きの肌着の素材は?用意しておくと安心な肌着とウエア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Blue Dress

暑い夏は肌着1枚で過ごすことが多いと言われても、風邪を引かないか心配になったり、冷房対策や体温調節も気になりますね。

夏の肌着やウエアの基本はどんなものが必要なのでしょうか。

すぐに来る秋のことも考えて選びたいですよね。

今回は夏に必要な肌着やウエア、そして夏向きの素材について紹介します。

・夏に必要なマストアイテム

短肌着

腰丈までの基本の肌着です。

打ち合わせ式で内側と外側にある紐を結んで着せます。

コンビ肌着

股の部分のスナップを留められる丈の長い肌着です。

長肌着にもなりますが、足をばたつかるようになるとはだけてしまうので、スナップを留めると安心です。

短肌着とコンビ肌着は半袖やノースリーブがあります。

1枚で過ごすことが多い夏生まれの赤ちゃんには、アウターにもなる柄を選ぶのがおすすめです。

ボディスーツ

股の部分をスナップ留めする肌着で、グレコやロンパースとも呼ばれます。

サイドや前開きのタイプは新生児にも着せやすいです。

股下をスナップで留めるので体にフィットする肌着で、1枚で着せてもおなかが冷える心配はありません。

半袖や足つきのものもあり、季節によってデザインもたくさんあります。

ツーウェイオール(兼用ドレス)

ボタンの留め方でベビードレスにも、カバーオールにもなるウエアです。

長く着られるウエアなので、夏は半袖ショート丈のものを選び、秋冬のために長袖も用意しておいても良いかもしれませんね。

・夏向きの肌着の素材

天竺

表がメリヤス編み、裏がガーターの平編みになっていて、さわやかな質感で肌触りが良いのが特徴です。

編み地は薄く、表がなめらかで横方向に伸縮性があります。

夏におすすめの薄手素材です。

ガーゼ

柔らかくて通気性と吸湿性に優れた素材です。

洗濯するたびに肌触りがソフトになり、洗濯後の乾きも早いのが特徴です。

昔から日本のベビー服素材の定番として親しまれています。

フライス

表裏ともメリヤスの二重ゴム編みで伸縮性に優れ、肌触りがソフトなのが特徴です。

肌がやや透けて見えるくらいの厚さで、オールシーズン使える素材です。

パイル

伸縮性に優れたニット素材で、編み地の表か裏、または両面にリング状のパイルを出したものです。

タオルのような肌触りで、保温性と吸水性に優れています。

糸の太さとリングの長さで厚さが決まります。

Blue Dress / Adam Crownoble

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。