生後5ヶ月から11ヶ月!夏の夕方から夜にかけての過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



After a bath

6ヶ月から11ヶ月の赤ちゃんは、夕方から夜にかけても暑さ対策が必要です。

それに伴って、夜のねんねに向けて室内でゆっくり過ごす時間も大切になります。

今回は6ヶ月から11ヶ月の赤ちゃんの、夏の夕方から夜にかけての過ごし方について紹介します。

・夏の夕方の過ごし方

14:00 室内遊び

暑くなる時間帯は、積極的にエアコンを使って室温を24℃から28℃に設定し、家の中で過ごすのが基本です。

室内遊びは積み木など手指を使うものや、はいはいで追いかけっこするなど全身を使うのがおすすめです。

15:00 昼寝

お昼寝中もエアコンで室内の温度を24℃から28℃を目安に保つようにしましょう。

寝ているからといって設定温度を変えなくても大丈夫です。

午後のお昼寝は、夜のねんねに影響しないよう早めに切り上げると良いですね。

16:00 お散歩

午後のお散歩に出かけましょう。

暑くない時間帯を選び、夕食の買い出しに行くと良いですね。

スーパーなどは冷房が効いているので、ポンチョやカーディガンを持ってでかけると安心です。

・夏の夜の過ごし方

18:00 授乳・離乳食

暑いと食欲が落ちることがあるので、水分が多く喉ごしが良い食べ物を与えるようにしましょう。

離乳食に移行すると水分不足になりやすいので、積極的に水分も与えるようにしましょうね。

19:00 お風呂

湯船は38℃くらいにして、浸かる時間は2分から3分が目安です。

日焼け止めを塗っている時は、よく泡立てた洗浄料でいつもより丁寧に洗って落としましょう。

入浴後にすぐ服を着せると汗をかいて蒸れてしまうので、少し涼んでから保湿し着せると良いです。

暑いからといってぬるすぎるお湯にいれると、寝る前に体が冷えすぎてしまいます。

そういう日は湯船には入れず、シャワーで済ませても良いです。

ただし、1日1回は洗浄料でしっかり体を洗ってあげましょうね。

20:00 ねんね

夜もエアコンを使って良いのですが、冷えすぎないようにタイマーを使ったり、28℃に設定してつけっぱなしでも大丈夫です。

お腹が出ない服を着ていれば掛け布団はいりませんよ。

寝付く時は体から熱を放散しているので、エアコンを低めに設定しても良いです。

1日室内で過ごしたり、16時以降にお昼寝をしていると寝付きが悪いかもしれません。

その場合は1日のリズムを見直してみるようにしましょう。

After a bath / oksidor

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。