遊び飲みが始まる!3ヶ月から4ヶ月の授乳のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby Smiling

3ヶ月から4ヶ月になると、赤ちゃんは周りの音や物に興味が出てきます。

そのため、授乳している時にキョロキョロして色々なところを見たり、音に反応しておっぱいを口から外してしまう「遊び飲み」が始まります。

今回は3ヶ月から4ヶ月のおっぱいを飲ませるポイントを紹介します。

・3ヶ月から4ヶ月の授乳のポイント

授乳回数が減らない時は気分転換

この時期の授乳回数は6回から8回が目安です。

授乳回数がだんだん減ってくるのですが、減らない赤ちゃんもたくさんいます。

そんな時は日中の涼しい時間帯にお散歩にでかけて、気分転換してみましょう。

日中も静かな環境で授乳する

明るい日中はまわりの音や光が気になって、おっぱいを飲みながら赤ちゃんの気が散ってしまいます。

遊びながら飲むようになったら、テレビを消したり授乳ケープなどを使って静かな環境で授乳をしてください。

ママがスマホに夢中だと赤ちゃんの気も散ってしまうので、しっかり見つめ合って授乳できると良いですね。

夜は欲しがったら授乳する

夜にまとまって寝る時間が増えるので、授乳回数が減ってきます。

中には朝までぐっすり眠って起きない赤ちゃんもいるので、よく寝ているのなら起こさなくて大丈夫です。

欲しがって泣くようなら飲ませてあげましょう。

授乳回数が減るとおっぱいトラブルが起こりやすくなるので、明け方に張って痛みがあるなら圧抜きをして、張りと痛みを和らげましょう。

・3ヶ月から4ヶ月のミルクの足し方

おっぱいを飲ませてから、必要に応じてミルクを足しましょう。

必要量以上は飲まなくなるので、1回分160mlから200mlを作り欲しがるだけ飲ませてください。

体重増加が順調なら量を減らすと良いですね。

Baby Smiling / slgckgc

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。