離乳食が始まる5ヶ月から6ヶ月!授乳のタイミングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Milk coma. 100 days old

赤ちゃんが5ヶ月から6ヶ月になると授乳のペースが安定する時期でもあり、離乳食が始まる時期でもあります。

起床や授乳時間が決まってくるので、生活リズムが整ってきますね。

朝は毎日同じ時間に起こし、授乳をして1日をスタートさせましょう。

今回は5ヶ月から6ヶ月のおっぱいを飲ませるポインを紹介します。

・5ヶ月から6ヶ月の授乳ポイント

毎朝同じ時間に起こす

昼夜の区別がついてくるので、朝は7時頃に起こし朝いちばんの授乳で目を覚ましてあげましょう。

遅くとも8時までには起きる習慣をつけたいですね。

午前中の1回の授乳を離乳食へ

離乳食を始めたら、1日1回の授乳を離乳食に変えます。

必ず午前中というわけではなく、ママがあげやすい時間帯で構いませんよ。

食後に授乳をするのが基本ですが、先におっぱいを欲しがったり、お腹が空きすぎていて離乳食を食べない場合は、離乳食の前に授乳しても大丈夫です。

この時期は離乳食をあまり食べなくても、栄養の70%から90%のおっぱいやミルクから摂る時期なので心配いりません。

また、楽しく食べることに慣れていく段階なので、授乳のタイミングよりも、赤ちゃんの機嫌が良い時に離乳食を与えてみるとうまくいくかもしれません。

夜泣きが始っても授乳で落ち着かせる

夜中原因がないのに泣くのが夜泣きです。

夜まとまって寝ていた赤ちゃんも、夜泣きによって授乳回数が増えることもあります。

夜中に何度も夜泣きをする赤ちゃんもいますが、授乳で落ち着かせてあげてください。

何度も授乳するのがつらければ、トントンしたり添い乳をしたり、赤ちゃんが安心できる方法を見つけていきましょう。

・5ヶ月から6ヶ月のミルクの足し方

離乳食後はおっぱいを飲ませ、そのあとにミルクを飲ませます。

おっぱいを1回休んで、1回分のミルク(200mlから240ml)を与えても良いと思います。

離乳食が1日2回になって、よく食べるようならミルクを足す回数を少なくしていくと良いですね。

Milk coma. 100 days old / jessicafm

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。