夏生まれの赤ちゃん!基本の着せ方と調節アイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



IMG_9054

6月、7月、8月、9月に生まれた夏生まれの赤ちゃん。

どんな肌着やウエアを何枚用意したら良いか、夏に必要なアイテムはあるのかなど気になることがたくさんありますよね。

今回は夏生まれの赤ちゃんが用意するものや着せ方について紹介します。

・夏生まれの赤ちゃんの基本の着せ方

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、夏でも肌着とウエアを1枚ずつ重ねて着せるのが、産院でよく言われる基本の着せ方です。

退院後は、自宅の環境や生まれ月に合わせてベストを追加したり、肌着1枚で過ごさせたりします。

赤ちゃんは授乳後の吐き戻しや、うんちが漏れて1日に何度も着替えをします。

頻繁に洗濯できないママは、着替えを多めに用意して置くと安心です。

しかし多すぎると着せないままサイズアップしてしまうこともあるので、まずは肌着を7枚から8枚、ウエアを4枚から5枚用意しましょう。

洗濯の頻度や、自宅の環境に合わせて買い足すと良いと思います。

・夏におすすめの肌着とウエア

肌着

肌着は体温調節を助けて、汗を吸収する役割があります。

素材は通気性の良い綿100%がおすすめです。

新生児期は寝かせたままで脱ぎ着させるので、前あきのタイプが着せやすいですね。

コンビ肌着は子育て経験者のママからも人気で、1番多く枚数を用意して良いと思います。

その他、短肌着、ボディスーツ、袖なしボディスーツがあると安心です。

袖なしボディスーツは、半袖のウエアを重ねた時に袖がはみ出さないのでおすすめです。

ウエア

肌着に上に着せるのが基本の着せ方です。

1日を寝て過ごすことが多い赤ちゃんにとってはパジャマでもあるので、飾りが邪魔にならない着心地の良いものを選びましょう。

前開きタイプなら肌着と重ねて脱ぎ着させやすいです。

股下のスナップの留め替えで2つの着方ができるツーウェイオール、半袖ツーウェイオール、半袖ロンパース、ベビードレスなどがおすすめです。

・夏に必要な調節アイテム

夏生まれといっても、6月の梅雨時や9月の初秋は肌寒く、逆に真夏は暑くて汗でベチャベチャになることもあります。

基本の着せ方に以下の調節アイテムをプラスして、快適な夏を過ごしましょう。

汗対策

授乳や抱っこするだけでも汗をかく赤ちゃん。

背中に汗取りパッドを入れておけば、汗を吸収したあと背中から引き抜くだけで良いので、肌着の着替えが減りとても便利です。

お出かけ

頭を守り、UV対策になる帽子は必需品です。

適度な伸縮性がある天竺素材なら頭にフィットし、ねんねしている赤ちゃんにもかぶせやすいです。

また、袖を通さずに羽織れるポンチョは、UV対策にはもちろん冷房対策にもなります。

冷房対策

冷房対策になるのは、ふくらはぎから足首までガードできるレッグウォーマーが活躍します。

また、外出時や移動中に冷房が効きすぎている時は、着せやすい前あきのベストでお腹や肩を温めましょう。

ママのバックに常備しやすいものを選ぶと良いと思います。

抱っこ

寝かしつけや肌寒い時に大活躍するおくるみは、2枚以上もっているママがたくさんいます。

薄手なら持ち運びが楽で、赤ちゃんも快適です。

寝冷え対策

足の動きが活発になると布団を蹴飛ばしてしまうこともあります。

肌寒い夜や、セパレートのウエアを着始めてお腹が出る心配がある時はスリーパーが便利です。

IMG_9054 / tompagenet

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。