耳抜きができない!赤ちゃん連れで飛行機に乗る時の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Small hands on airplane belt

赤ちゃんを連れて飛行機に乗りたいけど、泣いたり、騒いだりするのではないかと心配ですよね。

公共の交通機関だからこそ周囲には気を使いますが、赤ちゃんがそれを理解して大人しく座っていられるかというのはなかなか難しいものです。

赤ちゃん連れでも気兼ねなく飛行機を利用するには、ママの事前準備や配慮が必要です。

今回は赤ちゃん連れで飛行機に乗る時のポイントを紹介します。

・赤ちゃん連れで飛行機に乗る時のポイント

1.飛行中にねんねするようにする

飛行機の中は身動きが取りづらく、自由に立ち上がれる時間が限られています。

飛行中はねんねしてくれることが理想ですね。

早めに空港に着いてキッズルームで遊ばせると、体を動かすので寝てくれる可能性が高くなります。

食後の時間帯やいつものお昼寝の時間に予約するなど、いつもの生活スタイルに合わせた時間帯で行動するのも大切です。

2.こまめな水分補給をする

機内は意外と乾燥しているため、おっぱいの頻度が増えることがあります。

ぐずっているのにおしっこが出ていない時は喉が渇いているかもしれません。

こまめな水分補給をしましょう。

3.長時間フライトは万全な用意する

長時間のフライトでは事前にシュミレーションをしておくことが大切です。

ぐずったときのおもちゃやおやつ、お世話グッツをすぐに使える位置におくなど、万全の準備を整えましょう。

・ぐずらないための対策

赤ちゃんは上手に耳抜きができないため、気圧の変化で耳に違和感を感じて泣いてしまうことがあります。

離陸する時と着陸する時になりやすいので、そのタイミングで授乳や水分補給をすると良いでしょう。

また、ぐずった時にすぐ授乳できるようケープは必須です。

人通りが多いトイレ近くの座席を避けたり、窓際に赤ちゃんとママが座るようにするなど、同乗者の有無やフライト時間などの状況によって対策をしましょう。

チェックインの時に航空会社のスタッフに相談してみるのも良いと思います。

・赤ちゃん向けサービスを使う

予約時に、空港内で使うベビーカーの貸出など赤ちゃん向けのサービスを確認しましょう。

座席に限りはありますが、ベビーベット(バシネット)の利用が可能なこともありますし、カーテンがある席もありますよ。

できるだけ早めに予約をして、使えるサービスは有効に使いましょう。

赤ちゃん向けのサービスが使える席だとしてもベルト着用サインが出ている時は、ぐずったりおむつ替えが必要でも動けないことがあります。

席についたら、近くの人に迷惑をかけるかもしれないことを伝えておくのも大切な配慮ですね。

Small hands on airplane belt / Christian Haugen

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。